『 信長の野望Online 』 VS 『 ファイナルファンタジーXI 』をマジで批評対決・・・じゃなくて両ゲームのオフィシャルベンチマーク対決です。最近になりまして、よくユーザーさんから

「Paopaoさんはパソコンのスペック、どんなの使っているんですか? 3Dゲームもするから、さぞかしハイスペックですかね?」

いえいえ、そんなに凄くないのですがマイマシンも2003年末にパワーアップしてます。ちょっとした臨時収入がありましてCPU、マザーボード、ビデオボード、メモリーを交換しました。総額10万円の個人的には今までの自作道において高額なランクに入ります。交換後の現在のスペックは下の通りです。オーバークロックもできるみたいですが安定重視なので改造はしていません。

CPU:        Pentium4/3Ghz
マザーボード:  P4P800Delux
メモリー:      PC3200-512M×2
ビデオボード:   GeForce FX 5900Ultra


改造はしていない・・・と申しましたがパソコン起動時の音に敏感なのでビデオボードのみ怪しげな姿になっています。もちろん、こんなことしたらメーカーさんの保証が効きませんが。ビデオボードに装着されているファンを取り外し後からZalmanのヒートシンクと専用の大型ファンを装着しています。静音になるだけで今回のベンチマークには影響はないです。



さて『信長の野望Online』  『ファイナルファンタジーXI』のオフィシャルベンチマーク対決。今回のマイマシンでは、いかほどの数値がでるでしょうか?『ファイナルファンタジーXI』から測定してみました。ファイナルファンタジーXIのオフィシャルベンチマークは現在Ver2になっておりLowとHighモードの2方式が測定できます。結果はLowモードで5285Highモードで4702となった。下のスコア表だとLowモードで5285とてとてクラス。各コメントはゲーム内のモンスターの強さで表されます。

ファイナルファンタジーXIのオフィシャルベンチマーク スコア表

7000~
4000~
3000~
2500~
2000~
1500~
1000~
起動できない~


3999
2999
2499
1999
1499
999
 計り知れない
 とてとて
 とてつよ
 つよ
 おなつよ
 丁度
 楽
 練習相手

*Lowモード標準

FINAL FANTASY XI公式サイト>ビギナーズガイド>Windows版について>
実際に動くのか試してみよう

次に信長の野望Onlineに挑戦してみました。当初はプレイステーション2版でのサービススタートでしたが、こちらも2003年からWindows版が登場。2004年に入りベンチマークソフトの公開になりました。これでWindowsユーザーも自分のパソコンで信Onが動いてくれるのかテストできる環境になりました。さぁ-チャレンジ!

『 信長の野望 Online 』Official Siteによるとベンチマークのスコアによる快適度は4段階に分けられます。ちなみに私のパソコンでは
231のスコアでした。下の公式サイトで紹介してあるようなスコアコメントですと、まあ211の私のパソコンでは非常に快適にプレイできる・・・となる結果になりました。ファンタジーもいいですが和風のRPGもいいですよね。これから『信長の野望 Online』やってみようかな?みなさんのパソコンのスコアはどれぐらいでしょうか?

信長の野望Onlineオフィシャルベンチマーク スコア表
             200~    非常に快適にプレイできる。
       
      150~199 快適にプレイできる。
       
      100~149 動作できるマシンと予想される。
          
      ~99 プレイには向いていない?

信長の野望Onlineオフィシャルベンチマークのダウンロードは・・・
『信長の野望 Online』Official Site > 製品案内> ベンチマークプログラム

Copyright (C) 2003 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

(C)2004 KOEI Co.,Ltd./KOEI NET Co.,Ltd. All rights reserved.s



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。