粘土+ボードゲームから生まれた傑作!

バルバロッサ
答えは、左からエッフェル塔、フラミンゴ、蟻。
いきなり問題です。これらはなんでしょう?

「粘土でセンスと直感を戦わせるゲーム」 それが『バルバロッサ』です。

プレイヤーは各々、一見しただけでは何かはわからない、あいまいな造形物を粘土で作り、ボードの中心に展示します。

自分のターンがきたら、他のプレイヤーのそれが何であるか当てるというシンプルなゲーム。

そんなのがおもしろいの? という声が聞こえてきそうですが断言します。スッゲーおもしろい! というか、ボードゲームプレイヤーから高い支持を受けている傑作です。

粘土であなたのセンスを存分に発揮してください

バルバロッサ
イベントタイルに止まることでヒントやアイテムを得て、正体に迫れ!
バルバロッサでは、他のプレイヤーの作品の正体を当てることで、自分の得点を稼ぐことができます。

が、バルバロッサのスゴイところは、正体を当てられた作者にも得点が影響するという悪魔的に巧妙なルールがある点。

なぜ巧妙かと申しますと・・・


ゲーム開始早々に、作品の正体がバレると、その作者はマイナス点をくらいます。これをいやがって、うんと難解な作品を作りたくなりますが、それも避けなければなりません。 その理由というのは・・・→