……最近、ニンテンドーDSがなんだかスゴい。『ニンテンドッグス』や『脳を鍛える大人のDSトレーニング』といった新機軸のソフトは空前の大ヒット、さらにソフトの売り上げに比例して、ハードのほうも凄まじい勢いで売れまくっております。発売前に一部で囁かれていた、斬新すぎるゆえに消費者に魅力が伝わりにくいのでは……なんて下馬評もどこ吹く風です。

「ニンテンドーDS」
今年の夏期商戦、新色“レッド”も登場したニンテンドーDSの販売実績は33万7360台(集計期間:7月25日~8月28日、ファミ通調査による)。ライバル機とされる「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の11万3953台と比べても、ニンテンドーDSの好調ぶりはハンパじゃありません。というか、据え置き型を含むすべてのゲーム機の中でも、現時点で2005年ナンバーワンの成績ですよ!

これほどまでに大ヒットしている理由は何なのか、ライバル機とは何が違ったのか、そもそもニンテンドーDSという“異質”な携帯ゲーム機を開発した背景には何があるのか。“ソフト無ければただの箱”という格言が昔ほど通用しなくなっている現在において、ハード自体の商品コンセプトを分析してみることも、そのヒット要因を探るうえで重要なヒントになりそうです。

読めば3分でまるわかり!
両者はまったくの正反対!
ニンテンドーDSとPSPの商品コンセプトを、次ページもっともらしくわかりやすく図式化してみます!