任天堂のチャレンジとWiiの課題

ゼノブレイドの図
ゼノブレイドはゼノサーガシリーズのモノリスソフトが開発するRPGです。WiiでRPGをヒットさせることができるでしょうか。
今、据え置きゲーム機で最も普及しているハードと言えば、Wiiです。しかし、そのWiiも全く課題がないハードかというとそうでもありません。ソフトはたくさん売れていますが、その多くは任天堂のタイトルで、特にWiiスポーツやNewスーパーマリオブラザーズWii(NewマリオWii)のように多人数で遊べるものが上位をしめます。その結果、任天堂のソフトが出ない時期があると一気に市場が冷めてしまう、という状況があります。

【関連サイト】
PS3躍進の影にあらわになるWiiの弱点(AllAboutゲーム業界ニュース)

任天堂は今、かなり集中的にゲーマー向けの、しかも1人でじっくり遊ぶタイプのゲームを投入してこの課題を克服しようとしています。2010年2月11日に発売された斬撃のレギンレイヴに始まり、5月27日に発売されたばかりのマリオギャラクシー2、そしてこれからは、ゼノブレイドやMETROID Other M、ラストストーリーなど、1人用のアクションやRPGなどが多数発売されます。

しかし、このチャレンジはなかなか困難なものになるかもしれません。その理由は、Wiiが置かれている場所にあります。

PS3やXbox 360が自室にあって、Wiiがリビングにある理由

テレビを独占するの図
何十時間もかかるゲームをリビングのテレビを使って遊ぶのは、ちょっとはばかられることもあるでしょう。
Wiiと、PlayStation3(以下PS3)やXbox 360を比べた場合に、大きな違いのうちの1つは、ハードが置かれている場所です。Wiiは家族が集まるリビングに置かれる場合が比較的多く、逆に、PS3やXbox 360はハードを買ったユーザーの自室に置かれるケースが多いようです。

何故そうなるかといえば、利用する状況が違うからですね。Wiiで売れているWiiスポーツやNewマリオWiiは複数人で遊ぶことでより面白くなるゲームですから、自然と人が集まりやすいところにゲーム機が置かれます。WiiFitなんかも、家族のみんなが使えるゲームですから、リビングにあるのがいいでしょう。

逆に、PS3でたくさん売れたゲームと言えば、メタルギア・ソリッド4・ガンズ・オブ・ザ・パトリオットやファイナルファンタジー13といった1人でじっくり遊ぶタイプのゲームです。これを遊ぶのならやっぱりリビングのテレビを長時間独占するよりは、自室のテレビで遊んだ方が落ち着いてプレイできるというものです。また、PS3やXbox 360は増えてきてる海外のゲームの中には、戦争ものや暴力的な表現のあるものも多いですから、こういったものをリビングでやることに抵抗がある人も少なくないかもしれません。

【関連記事】
テレビの前に座ってもらうことの難しさ(AllAboutゲーム業界ニュース)

じゃあ、ひとりでじっくりやるゲームの多いPS3は自室で遊ばれているのに、リビングにあるWiiにそういうゲームを投入したら、どうなるでしょう?