DSiで買ったDSiウェアは、DSiLLに移動できない

DSiウェアが移動できないDSiLLの図
DSiにダウンロードしたゲームをDSiLLに移動して遊ぼう、と思っている人がいたらちょっと残念ですね。
電撃的に発表され、あっという間に2009年11月21日の発売日が迫ってきたニンテンドーDSi LL(以下DSiLL)。もう、購入を決めている人もいらっしゃるんでしょうね。しかし、このDSiLLを買おうと思っている方は、1つ注意しておいた方が良いことがあります。もし、あなたがニンテンドーDSi(以下DSi)を持っていて、なおかつ、オンラインに接続し、ニンテンドーDSiショップでニンテンドーDSiウェア(DSiウェア)をダウンロード購入していたとしたら、そのDSiウェアは、DSiLLでは遊ぶことができません。

つまり、自分の持っているDSiウェアを、DSiからDSiLLへ移動することができないんです。そんな不便な! すぐに移動できるようにすればいいのに、と思うかもしれませんが、そう簡単にはできない理由があるようです。

PS3は引き継ぎができる

新型PS3の図
スリムになったPS3に買いえた、なんて場合でも新しいPS3に再ダウンロードすることができます。
なんでDSiからDSiLLへのデータの移動ができないか。これは、データの移動ができる例をお話すると分かりやすくなります。PlayStation3(以下PS3)はデータの移動ができるので、比較しつつお話したいと思います。

例えば、新型PS3を買った人が、今まで持っていたPS3でダウンロードしたゲームを移動したいと思えば、それは可能です。どういうやり方をするかというと、再ダウンロードという方法を使います。PS3やPSPで利用できるオンラインショップのPlayStation Network(以下PSN)には、PlayStation Networkアカウント(以下PSNアカウント)というものがありまして、必ず最初にこのPSNアカウントを設定しなければPSNのサービスを利用することが出来ない仕組みになっています。

ダウンロードされたゲームは、このアカウントで管理されているので、新しくハードを購入した際は、ゲームを購入した際に利用したPSNアカウントで接続することで、再ダウンロードが可能になります。

ポイントは、アカウントで管理されている、というところです。PSNアカウントで本人の確認を行っているので、別のハードに乗り換えても、IDとパスワードを入力すれば再ダウンロードをすることができます。ちなみに、PSNのサインインIDはメールアドレスを登録するので、他の人とIDが被ることがないようになっています。

この方法に習うのであれば、DSiLLでも同じようにIDとパスワードで管理すればいい、ということになるのですが、ここで、DSiショップにIDなんてあったっけ、という話になります。