PSP go発表!

PSP go発表の図
E3で行われたSCEのプレスカンファレンスにて、平井社長じきじきにPSP goを発表しました。
ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)は、アメリカで開催されたゲームイベント、Electronic Entertainment Expo(以下E3)で新型PSPを発表しました。その名もPSP go。それはなんと、UMDドライブが無くなったPSPでした。UMDはPSPのゲームソフトが入っているディスクのことですから、つまり、PSPはゲームソフトを挿入する場所が無くなってしまったというわけです。代わりに16GBのフラッシュメモリーを内蔵し、UMDを挿入する代わりに、オンラインに接続してゲームをダウンロードすることを基本とするようです。思い切ったことをしたものですね。

UMDドライブがないPSPが売れるのか、オンライン販売が拡大すればゲーム販売店はどうなってしまうのか、など様々な議論を呼んでいるPSP goですが、今回ゲーム業界ニュースで取り上げたいのは、PSP goではなく、PSP goと一緒に発表され、PSP goに同梱予定のPC用ソフトMediaGoです。

何故新型ハードではなくPC用ソフトの話をするかといいますと、PSP goが成功するカギは、PSP go自体よりもむしろMedia Goが握っているかもしれないからです。

PSP goは何が変わった?

PSP goの図
下に飛び出しているコントローラー部分は、普段は液晶の裏側にスライドして格納しておくことができます
まず、PSP goが従来のPSPと比べてどう変わったのか、UMDが無くなって16GBのフラッシュメモリが標準搭載されることについてはお話しましたが、その他の要素についても簡単にご紹介していきたいと思います。

UMDドライブが無くなったことにより、本体が小さく、軽くなりました。また、それにあわせて液晶部分も若干従来のPSPよりも小さいようです。アナログパッドやボタンなどの操作部分は液晶の裏側に格納され、遊ぶ時にスライドさせて液晶の下側に出して使います。

その他にも、ゲームを遊んでいる時に、ゲームをスリープ状態にして本体操作を行うゲームスリープ機能、無線ヘッドフォンなどに使えるBluetooth無線機能を搭載。また、動画などを見るときに手で持たなくてもいいようにPSP goを立てることもできる、別売りの充電用クレイドルも発表されました。そして注目のお値段は26,800円を予定しています。

従来のPSPから大胆な変貌を遂げたPSP go。しかし、これらの新しい機能のほとんどが、ゲームを遊ぶためというより、別の目的のために作りこまれているように思います。MediaGoに注目すると、新しいPSPのあり方がみえてきます。