あなたの持ってるそのソフトがウン万円するかも?

ワゴンの図
中古ゲーム屋さんでひっそり売られてるソフトの中にも、お宝があるかもしれませんよ
ゲームを買ったとき、あなたは箱や説明書を綺麗に取っておくタイプでしょうか? それとも、中身が遊べればいいというタイプですか? 綺麗に取っておくタイプのあなた! もしかするとお宝が埋まっているかもしれません。

今回のお題目は、レアなゲーム、略してレアゲー。市場に出回る量が少ないために希少価値が付いて、高額になっているゲームのことです。これがなかなか凄い世界でして、1本数万円するものから、数十万円のものまであります。これを読んで、昔手に入れて遊ばなくなったゲームを、もう一度確認してみてください。思わぬお宝に出会えるかもしれません。

グラディウス アルキメンデス編

レアゲーの中でも特に高額になりやすいのは非売品のゲームです。何かの商品のキャンペーンの際に抽選で手に入ったり、イベントで配られたりするものですね。通常の流通には存在せず、お金を出して手に入れようとするならば中古に流れたものを探して手に入れるしかありません。

有名なところでは大塚食品のカップ麺、アルキメンデスと、コナミの名作シューティング、グラディウスのタイアップで生まれたファミコンソフト、グラディウス アルキメンデス編でしょう。基本は通常のグラディウスと同じなのすが、パワーアップカプセルがアルキメンデス型になっていたりします。アルキメンデスをどんどん食べてパワーアップしていくわけです。

アルキメンデスのキャンペーンで4,000人にプレゼントされましたが、現在ではプレミアムがついて、5万円前後で取引されることが多いようです。ファミコンソフト1本でハードが買えちゃえますね。しかし、こんなのはまだまだ序の口です。

さあ、次はさらに希少価値の高いレアゲーをご紹介します。