快進撃はまだまだ続くのか 2009年のレベルファイブ

レイトン教授の図
2010年の映画化も決定しているレイトン教授。今後もその展開が見逃せません
1年の最後に業界での大きな存在感をアピールしたレベルファイブですが、その勢いはまだまだとまりそうもありません。まず、2009年早々に、ドラクエ9が発売されます。まだ発表はありませんがWiiで発売される予定のドラクエ10の開発も引き続きレベルファイブということであれば、その注目度はさらに高まるでしょう。

イナズマイレブンはアニメにマンガ、トレーディングカードと多方面での展開が既に行われ、ゲームの方も次回作のイナズマイレブン2や、据え置き用のイナズマイレブン ブレイク!などが発表されています。新規作で登場し、約15万本を売り上げたイナズマイレブンがクロスメディアなどを経て、どう成長していくのか、期待がかかります。

さらに、その他のプロジェクトも多数発表されています。トトロや崖の上のポニョなど、ヒット作を多数持つスタジオジブリとのコラボレーションで作られるニンテンドーDSのRPG、二ノ国や、オンライン上でゲームをプレイしたり、動画の視聴、雑誌の閲覧などができるヴァーチャルプラットフォームのROIDなど、新しい試みに意欲的です。2009年も、レベルファイブはゲーム業界における台風の目として、福岡から強風を吹かせることになりそうです。

【関連記事】
ドラクエ9を遊んでもらう為にしていること(AllAboutゲーム業界ニュース)
オブリビオンとドラクエで日米RPG比較(AllAboutゲーム業界ニュース)
人気ゲームの身の振り方(AllAboutゲーム業界ニュース)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。