iPodの生みの親がゲームを語る

DSとPSPとスタン・イング氏の図
笑顔がキュートなイング氏。インタビューはアップルストア銀座店の5階で行われました。
今回は、iPod touchのゲームについて取材許可がおりたということでアップルに行ってきました。お話を聞かせてくれるのはワールドワイドの担当者……という風にしか聞いていなかったのですが、出てきた人物を見てビックリ。米アップルの、ワールドワイド プロダクトマーケティング iPod担当 シニアディレクター、スタン・イング(Stan Ng)氏です。どれほど凄い人なのか、知らない方に分かりやすく言えば、iPodの生みの親の1人とも言われている人物。

彼が来日して、おそらくは超多忙を極めるであろう中、わざわざゲーム系メディアにiPod touchとそのゲームについて語るということは、それだけでアップルがゲームビジネスに対してかなり本気で取り組んでいることが伺えます。今盛んにCMでゲームをプッシュしているのも、おそらくはその一環なのでしょう。というわけで、アップルが描くゲームの未来、もたらそうとしているイノベーションとは何なのかを聞いてきました。

iPodの横にDSとPSPを並べる意味

DSとPSPとiPodの図
DSとPSPにiPod touchが競合する、そんなことが起こりうるのかもしれません
ガイドが席につくと、テーブルの上には、iPod touch、そしてその横にニンテンドーDS(以下DS)とPSPが並べられていました。

イング氏:これで、いかにiPod touchが小さくて、持ち運びに優れているかということが分かると思います。この大きな8.5インチのディスプレイ、マルチタッチで操作できるインターフェース。そして8.5mの極薄の筐体の中に音楽やビデオ、ゲームを入れて持ち運ぶことができるのです。

言われてみれば、確かにiPod touchは携帯ゲーム機として考えると、超小型であるといえます。何しろ手のひらに収まるサイズですから。しかし、それ以上に注目すべきは、比較対象としてDSやPSPといったゲームハードを選んでいることかもしれません。つまり、ゲームも一応できるミュージックプレイヤーとしてではなく、ゲームに特化したハードと比べても、iPod touchは優れているとアピールしているわけです。

イング氏:iPod touchには加速度センサーも入っていまして、マルチタッチと加速度センサーで今までのポータブルゲーム機ではできなかったような操作が可能になっています。

ゲームユーザーに分かりやすく言うなら、DSのタッチパネルが2点同時に感知することができるようになり、かつ、Wiiリモコンのように傾けたり、振ったりして遊べるようになったもの、という感じでしょうか。

iPod touchは、ゲームハードとしても、完成度が高く、かつ今までにないものであるようです。しかし、iPod touchがゲーム業界に与える革新の最も大きい要素は、ハードウェアの機能ではありませんでした。