ゲームを美味しく味わう為に

みんなで食事の図
ご飯を美味しく食べるコツのひとつは、気の置けない友達や家族と食べること。ゲームにだって美味しくいただくコツがあります
美味しい食事の食べ方ってあると思うんですね。それはマナーがどうとかいうことではなくて、例えば単純にお腹がすいていると美味しい、とか。あるいは、寒い日に寄り道して食べる立ち食いそばはたまらない、とか。でも、その逆もあるわけです。食べ放題のお店にいくと、どうもゆっくりと味わって食べれないとか、1人で食べると美味しくない、なんてこともあります。

ゲームにもありますよね。美味しくいただく方法と、台無しにしてしまう方法が。今回は、折角のゲームを台無しにしない為に、あえて台無しにする方法のお話をしてみたいと思います。反面教師にしていただくもよし、身に覚えのあるかたは、あるある、とほくそ笑んでいただくのも一興でしょう。

1、身銭を切らずにゲームする

ワゴンの図
ワゴンで買った安いゲームと、新品で買ったゲームとでは、やっぱりちょっと遊ぶ姿勢がかわったりします
自分のお金で買っていないゲームをプレイすること、ありますね。友達同士で貸し借りをしたりして。借りたゲームでも、すんなり楽しめる場合もあります。好みのゲームだったりすると、自分で買ったかどうかなんて関係なく、楽しめちゃいます。

問題は、楽しみ方が分かりにくいゲームの場合。例えば、普段自分ではやらない、初めてのジャンルに挑戦する時。操作方法が難解なゲームをやる時。ありがちなのは海外のゲーム、いわゆる洋ゲーに初挑戦なんて状況で、両方のケースがいっぺんに発生してしまうパターン。ワナにはまるのはそういう時です。

自分でお金を出して買ったゲームは、最初ちょっと良く分からなくても、つまらなくても、我慢して遊びませんか? お金を出して買ったのにもったいないから、楽しもうという気持ちでプレイしたりします。ゲームに力があれば、だんだん面白さが分かってきて、最初はとっつきにくくても最後には夢中になることだってあります。でもお金を払っていなければ、なんのリスクもなくあっさりやめてしまえます。このことは、中古で安く買ったソフトにも言えることだったりします。どうしても身銭を切った額が小さいと、雑に遊んでしまうということがままあります。

今までやったことないけど、新しいジャンルに挑戦しよう、難しそうだけど凄く評判のいいゲームだからやってみよう。そういう時には、是非、自分のお金で新品を買ってプレイすることをお勧めしておきます。

次は、ばっちりお金がある人が陥りやすい台無しポイントをご紹介しましょう