「PS3だからやってみようか」

例えば『ロロナのアトリエ』は『マリーのアトリエ』に端を発するアトリエシリーズの最新作だ。
このシリーズ、最近では目に見えて売り上げを落とし、DS版で発売された『アニーのアトリエ』もあまり売り上げを伸ばしていない。

でありながらPS3版では非常に期待が高まっている。

『龍が如く』シリーズは新作が発表されるたびに過去の作品が売り上げを伸ばすという面白い売れ方をするシリーズだ。
この最新作『龍が如く3』はPS3で発売されるや否や前作の初週売り上げを追い越した。
300万台程度しか普及していないPS3で、である。

他にも上げればキリがないが、PS3では「従来のシリーズは遊んでいないが、新作がPS3で発売されるなら遊んでみよう」であるとか「シリーズ初期しか遊んでいないが、PS3版は気になる」というユーザーが潜んでいる。

原因としては、増えてきたとはいえPS2などに比べればまだまだ少ないタイトル数でユーザーの注目が集まりやすいということ、またHDの精細な画面でゲームを楽しみたいという需要、プラットフォームを移したことによる進化に期待する心理など様々なものがあるだろう。

「ゲームらしいゲーム」

Wiiの普及以降、ゲーム市場は一気にライトユーザー寄りに流れたが、いわゆるコアなユーザーは「ゲームらしいゲーム」不足に陥っているとも見られる。
ブランド力を失っているシリーズ作がPS3で華麗に復活、という図式はメーカーにとって非常に魅力的に写るのではないだろうか。

というのが、まぁ分かりやすくステレオタイプな分析だと思うのだが、筆者はこの「ゲームらしいゲーム」という表現が嫌いだ。

要は従来の方程式にのっとった分かりやすいゲーム、とどのつまりは続編だとか、正統進化とか、普通のコントローラーで遊べるとか、そういったレベルで「ゲームらしい」と分類されているに過ぎない。

分かりやすく、かつどこかで見たようなゲームはゲームらしく、革新的なゲームはゲームらしくないと言われているように感じるのだ。
現にPS3の盛り上がりは続編タイトルの充実によるところが大きい。
続編に偏重しがちなゲーム業界で、それは仕方がないことかもしれない。

これで戦略さえ間違えなければPS3でも大きなビジネスになることが分かってきたわけだから、今後は魅力的な続編、そしてそれだけではなく魅力的な新作ゲームにも期待していきたい。

ちなみに今回のメールマガジンは、次世代ゲーム機にとって魅力の一つであるサラウンド出力に対応したアンプのレビューをお届けする。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。