SCEさんの反応は?


「いつもPlayStationを応援頂きありがとうございます。
また貴重なご意見をありがとうございました。
現時点で互換モデルを発売する予定はありませんが、PS3ならではのソフトをユーザーの皆さまに楽しんで頂けるよう、拡充して参ります」

これは一応、互換モデルについてはバッサリ切られた形だ。
「互換性うんぬんよりPS3で楽しんでね」ということだろう。
まぁ、最初からソフトでもハードでも互換性復活の公式アナウンスなどはなかったわけだから当然といえば当然だが。

筆者も心情的には互換性復活を期待していたが、これはどうやら期待が薄い。
勝手に期待しておいてなんだが、同様に期待している人の多さを考えると、もっと明確に否定されないと諦めきれない人も多そうだ。

互換性復活の計画も何もないということであれば、互換性を期待しての買い控えはまったく無意味ということになる。
年末から来年にかけて新作も多く発売されるPS3。
互換性にこだわって買い控えている人は、もうこの辺が買い時なのかもしれない。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。