HD DVD撤退の既成事実

東芝主導のHD DVDが撤退の動きを見せている。

次世代DVD規格戦争はプレイステーションガイドとしても無関係ではない。PS3がBlu-rayDiscドライブを搭載し、Blu-rayDiscの再生機能も持っているからである。もちろん筆者もこの規格戦争の行方は非常に興味深く見守ってきた。

現状を正しく説明すれば、19日正午の時点で“まだ”東芝から正式な撤退の表明は出ていない。撤退のニュースがNHKによる飛ばし記事、つまり誤報であれば大問題である。
しかし誤報という線は少し考えにくい。
本田雅一氏がすでに言及しているが、筆者も意図的なリーク情報であり、撤退は決定事項ではないかと思う。

追記:東芝、HD DVDの撤退を間もなく正式発表へ:ニュース - CNET Japan

さらに追記:撤退が公式発表されました。
東芝:プレスリリース (HD DVD事業の終息について)

しかし、この状況になってなんだが、最初から最期まで「消費者不在の戦争だったなぁ」と思わざるを得ない。
今回は次世代DVD規格戦争からHD DVD撤退を(とりあえずは決定事項として)世界一わかりやすく説明してみよう。