シリーズの入門に相応しい作り。ファンはどうとらえる?

 
巨大すぎる巨大ボス
2007年のゲームショウで初めて今作をプレイした印象は「よくまとまったアクションゲームだなぁ」というものだった。

■関連ガイド記事:『デビル メイ クライ4』で振動を試す!

小気味いい操作、新しい敵が登場するたびに挿入される短いムービー、ちょっとしたイベントシーンで見せる新主人公のお茶目なしぐさなど、どこをとっても不満のない高品質なものである。

しかし本編を改めて遊んでみると、その麻薬的な魅力に気が付く。高い難易度を連想しがちな本作だが、敵キャラクターを倒すだけならそれほど難しくはない。しかしより格好良く、スタイリッシュに戦いたいと思うとそれなりの修練を必要とする。

プレイヤーの上達と、それに応じた主人公のアクションの華麗さが絶妙にマッチし、なんともいえない一体感を生み出すのである。

また、ステージクリア時に入手できる“プラウドソウル”を消費して新たな技を習得できるのだが、そうやって新しいアクションを組み込むのも楽しい。

 
出番は少なめだが、ダンテの存在感は特筆に価する
ちなみに後半、従来作の主人公であるダンテを操作できる場面もやってくる。シリーズのファンであれば「待ってました!」というシーンだろう。だが初対面である筆者は操作感の違いにちょっと面食らった。
が、身軽で柔軟なネロの動きとは対照的で、ダンテの鋭く豪快なアクションもまた気持ちの良い没頭感が得られる。

実は筆者、以前から『デビル メイ クライ』に並々ならぬ興味があった。それでも手を出しかねていたのは、手を出しあぐねているうちに2、3作と重ねて言ったが故の「今更感」なのである。
プレイしたい。だが、3から初めていいものかどうか…?かといって今更第1作目から追いかけるのも気が引ける…。

本作はそんな、筆者のような乗り遅れプレイヤーにこそオススメしたい。

初めて遊ぶユーザーに対する配慮も申し分ないし、ストーリーも(未解明な部分こそ多いが)なかなか盛り上がる。

しかし正直発売前の情報がやたら出すぎたような気もする。知らなければもっと新鮮な気持ちで遊べたのに…という場面も散見された。
とは言えトレーラーの魅力で購入を決めるユーザーもいるだろうから、その辺のバランスは難しいところだろうとは思う。

とにかく、新規プレイヤーには入り込みやすく、古参プレイヤーにも新鮮なプレイ感覚を提供したという点で本作を高く評価したい。
あえて触れなかったがグラフィック的な進化も素晴らしい。ネロ、ダンテ共に男性が見ても惚れ惚れするほどのイケメンだし、とある女性キャラクターのサービスショット(?)も堪能できる。

ただ、残念ながらヒロインの容姿が好みではなかった。
この点のみ心残りである。

DEVIL MAY CRY 4 | デビル メイ クライ 4