売ってるPS3と売ってないWii

 
今やPS3所持者はマイノリティー?
2006年11月11日のPS3発売から2ヶ月、製品もようやく潤沢に出荷され、あらゆる店舗で見かけるようになって来ました。

PS3が日本国内でも生産出荷累計が100万台を達成--全世界では200万台 - CNET Japan

生産出荷累計…?
販売数じゃないの?
Wiiが発売1ヵ月後に発表したのは「国内の販売数100万台」じゃなかったっけ?

ソニー・コンピュータエンタテインメントでは以前から生産出荷台数という言葉を使いますが、これは「生産拠点からメーカー倉庫に出荷した台数」を指します。

生産出荷台数とは - はてなダイアリー

対して販売台数は調査会社による全国小売店の販売数。

Wiiの販売台数が早くも100万台突破 ファミ通調べ / ファミ通.com

標本調査になるとは思われますが、100万台を販売したWiiと100万台を作ったPS3、どこに行っても売っていないWiiと、どこに行っても買えるPS3。
「品不足が解消された」と言えば聞こえはいいし、「余っている」と言えばこれは大問題です。

筆者の身の回りでは多くのファミリーがWii購入の意思を持っているのに対し、20代30代の男性は興味を持っていてもまだ様子見の空気です。

あれれ、PS3! ちょっとやばいんじゃないですか?
こう、空気的に「PS3ねぇ…」って感じがしてませんか?
それではAllAbout読者の皆様に意見を伺ってみましょう!

緊急アンケート! PS3は生き残れるか?

僕は希望もこめて、最初の一票を「ばっちりトップシェアを獲得!」に投じておきました!

皆さんの意見もお待ちしています。

このページで掲載して良いご意見なら、こちらまでメールをください!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。