いよいよPS3が発売される春が目前に迫ってきました。
でも、アレ?
発売直前のはずなのに、さっぱりPS3の話題って盛り上がってない気がしませんか?
本当にPS3は春に発売されるのか、そのあたりを今回は考えてみましょう。

春発売の経緯

 
関係者筋では「PS3春発売」は既に都市伝説…?
2月16日のメリルリンチによるリポートで「PS3の発売は半年から1年延期の可能性がある」という観測が発表されました。しかし同日ソニー・コンピュータエンタテインメントはこの観測を否定。PS3は予定通りに春に発売するとの見識がマスコミ内では広がりました。

ところが、小売店や業界関係者の中では「春発売の前提」は崩れつつあります。

ITmedia +D Games:「PS3、今春発売」への疑問符

これに対し「ソニー・コンピュータエンタテインメントが延期報道を否定」とのニュースが流れましたが、実際のところはどうなのでしょうか。事情に詳しい方にお話を伺ってみました。

「延期の観測に対して、現在は延期の予定はないですよ、と答えているだけで、実際のところは春発売も延期も肯定したわけではないようです」(事情通)

うーん。
なにやら大人の事情が見え隠れしそうな、歯切れの悪い感じですね。
しかしもう3月になろうという時にまったく発売の予定が見えてこないのも事実。既に初春とも言えるこの段階で小売店の予約が始まっていないということは、おそらく5月から6月にかけての発売も難しいのではないでしょうか。

延期説の根拠の多くは「Blu-rayドライブの最終的な仕様の決定が遅れている」というもの。そして「発売が遅れればソニーのダメージも大きいだろう」という見解が代表的です。

しかし、もともとPS3は春発売には間に合わないのではないか?
というのが私の個人的な意見です。

ソニー、PS3発売延期報道で株価は3.6%安=SCEは延期を否定 - 総合IT デジタル情報サイト「livedoor コンピュータ」Home

SCE、“PS3は秋以降発売の可能性”の報道に対して春の発売予定に変更はなし:Slash Games (オンラインゲーム総合サイト) 2006/02/03

PS3が春発売でなければならない理由

 
大人の事情がいろいろ絡んでいるのは確かです。その中で本当はいつ発売なのか?興味は尽きません。
ひょっとして「PS3の春発売は非現実的だが、それでも春発売と謳わなければならない」という理由があるのではないでしょうか?

そう思えるのが先んじて発売された次世代ゲーム機、Xbox360の存在です。

PS3よりも早く去年末に発売されたXbox360。PSで築き上げたソニーの牙城を崩せるのかが注目される話題のハードです。
しかしながら、その勢いはあまり好調というわけではありません。

もともとPS3が春に発売されるという報道が、このXbox360に対する牽制であったとも考えられます。Xbox360が去年末に発売される時点で「春まで待てばPS3が出ますよ」というアピールをすることにより、Xbox360に対する買い控えが少なからずあったことでしょう。

また、春にはたちあがるBlu-rayプレイヤー、HD DVDプレイヤーの次世代DVD規格争いに対しても同様に先手を打っている可能性があります。

■関連ガイド記事:次世代ゲーム機戦争=次世代DVD戦争?

そう。
スケジュールに無理があったとしても、PS3は春発売でなければならないのです。

そして春発売に疑問を呈するのはこれだけの根拠があります。