ジョギングコースを歩く…!?

1
駒沢オリンピック公園では多くの人が歩き、走っていた!
オールアバウトのプロデューサーEくんより電話があった。
「マラソンコースを歩いてみるという企画はどうでしょう?」
おお、マラソンといえば42.195kmかぁ。その昔、東海道を歩いた人たちは1日にそのくらいの距離を歩いていたからなぁ。
そんなことを言うと、Eくんは驚いたように
「そんな、ちょっと歩くだけですよ」
とあわてて言った。というわけで、今回は駒沢オリンピック公園のジョギングコースを歩くことにした。


待ち合わせの場所は駒沢大学駅

1
東急田園都市線の駒沢駅をスタート!
きょうもいい天気だ。Eくんと歩くときは晴天が多い。東急田園都市線の駒沢駅で待ち合わせ。
待ち合わせといっても、玉川通り沿いの路上から携帯電話で連絡を取り合う。
待ち合わせの形式も昔と変わった。あ、Eくんより電話だ。さっそく落ち合う。
「いやぁ、Eくん」
と声をかける。本名ではなく、原稿を書く都合上、僕はこう呼んでいる。
「やめてくださいよ。最近、彼女まで僕のことをEくんと呼ぶんですよ」
と言う。思わず笑ってしまった。
さて、お昼ご飯はどこで食べようかと僕。
「ラーメンはどうですか?」
あ、またラーメンだ。Eくんは本当にラーメン好きだなぁ。どこかこのあたりにおいしいラーメン店はあるのだろうか?
「超有名なんですけどね」
ほっほー、“超”がつくということは僕でも知っているのかな。
「いや、マニアの間では超有名ということなんですけどね」
と、彼から出たお店の名前を僕は知らなかった。
店の名は「ひるがお」であった。


塩ラーメンの「ひるがお」

1
○に塩と書かれた「ひるがお」があった。
僕たちは玉川通りを環状七号線方向に歩き始めた。
「ひるがお」というのは、なんでも「せたが屋」の昼営業なのだそうだ。
うーん、どういうことだろう。説明を聞いてやっとわかった。夜は「せたが屋」というお店だが、昼は「ひるがお」になるのだそうだ。この「せたが屋」というお店が超有名店なのだ。
「昼顔」といえば、1967年、カトリーヌ・ドヌーブが主演した映画を思い出すが、もちろんEくんはそんなことは知らない。
下馬の交差点で環七を右(南)へ曲がる。
それにしても環七には、ラーメン店がたくさんある。
Eくんがそれらを歩きながら解説してくれる。
野沢の交差点の手前に「ひるがお」はあった。
さて、お腹もすいた。表の写真を撮影していると、Eくんは早くも店内へ。さて、気になるラーメンは次ページで!

駒沢大学駅→「ひるがお」→駒沢オリンピック公園→桜新町駅→長谷川町子美術館→深沢小学校前までのコース。