女子オススメの「多慶屋」って何だ?

多慶屋
多慶屋の目印は紫に統一された外壁。上野、浅草あたりで知らない人はいないらしい
オールアバウトのオフィスに行ったときのこと。若い女子社員2名が「増田さん、増田さん」と呼び止める。何かと思えば、2人は声をそろえて、

「多慶屋に行ってくださーい」

と言うではないか。なんだ、その多慶屋っていうのは……。まったくわからないでいると、プロデューサーのNくんが、

「ドンキ(ドンキホーテのこと)の元祖みたいなお店らしいですよ。何でも外観が紫でとても目立っているらしいです」

と説明してくれた。ふーん。あまり乗り気ではない僕。でも、女子社員たちがあまりに熱心に勧めるので、行くことにした。年の瀬だし、上野あたりから御徒町を通ってどこかに抜けるのもいいだろう。

というわけで、12月の半ば、天気のいい日に散歩に出かけることにした。オールアバウトからは、熱心に勧めてくれた女子社員ではなく、新しいプロデューサーのEくんがやってきた。

「まずはアメ横を散歩して、御徒町でご飯でも食べて多慶屋さんに寄り、それから秋葉原に行きましょう」

とEくん。なんでも、秋葉原デパートは今年いっぱいの営業で、取り壊されるそうなのだ。

師走のアメ横の中心で、チョコを買う

志村商店
これがアメ横の新名物、チョコレートの叩き売りだ!
さて、この日は天気はいいが、肌寒い風が吹いていて、まさに師走という雰囲気。12月の半ば、すでにアメ横は人が多いが、まだ普通に歩ける。これがいよいよ押し迫ってくると多くの人で通りを進むのも大変な状況になる。

「メガネのお兄さん負けとくよ」

お菓子屋の店先から声が飛ぶ。活気があるねぇ。魚介類の店も多い。

「いやぁ、数の子うまそーだなぁ」

とEくん。おせち料理の材料などが店頭に並べられている。

最近、このアメ横でおもしろいのは、チョコレートの叩き売りである。テレビで見たことはあるのだけれど、実物を見るのは初めて。ルールはごく単純で1000円出すと、チョコレートを袋いっぱいに「もう1枚、さらに1枚」といっぱいに入れてくれる。これが見ていて飽きない。同じ組み合わせはまったくない。とにかくお兄さんがしゃべりながらいろいろなチョコレートを袋に入れてくれるのだけれど、もう終わりかと思ったら、また「もう一枚」と入れてくれる。

Eくんも千円札を取り出して、買おうとしている。けっこうな人だかりができていてなかなかEくんの順番がまわってこない。でも、見ているだけで楽しい。そのうちいよいよEくんの順番がやってきた。

「お兄さん二枚目ですねぇ」

とEくんはお店の人にお世辞を言う。うまいなぁ。お兄さんも機嫌よくポンポンとチョコレートを袋に入れてくれた。前の人より多く入れてくれているように見える。

なんとも楽しいアメ横である。いろいろな商品を見ていると、本当にあっという間にJR御徒町駅に出る。