目赤不動尊にお参りし、下駄福さんで下駄を買う

宮沢賢治の童話『注文の多い料理店』に出てくる「山猫軒」を模したレストランの看板
本郷通りそのものが、歴史を感じさせる。漱石の小説の『こころ』がそのまま店名になっている喫茶店があるかと思えば、しばらく行くと、その小説の登場人物である「K」という名前の喫茶店があったり、歩いているだけで、驚かされる。かとおもえば、宮沢賢治の童話『注文の多い料理店』に出てくる「山猫軒」というレストランがあったりするのもおもしろい。 きっとここは何回きても楽しめる街であろう。

「下駄福」という下駄を売る店に入ってみた。今年で創業123年、応対に出てこられたご主人が三代目だそうだ。

「以前はもっと大きい店だったんですけど、震災と戦災で2度焼けまして」

と三代目は言う。震災とは関東大震災、戦災とは第二次世界大戦の空襲である。

「下駄福」の三代目主人。意気揚々と下駄について語ってくれた
下駄で散歩をするというのはどうなのかと三代目に聞いてみた。

「まあ、最近では近所を歩く程度にしか履かないですけれど、実際は、ほら、こうして体重を乗せると、自然に前に倒れてくれるので、あんがい下駄で歩くのは楽なんですよ」

とおっしゃる。なるほど。というわけで、3200円の下駄を購入。

さっそく、ウォーキングシューズから下駄に履き替えてみる。これが実に気持ちいい。さらに三代目がおっしゃっていたことがよくわかる。前のめりで歩くと楽だ。

さらに歩くと「目赤不動尊」というのがあった。えっ、本当なんだと驚いた。というのも、目白、目黒というのは、山手線の駅名にもなって有名である。で、たしか昔、誰かが「赤、黄、青があるんだ」と言っていたのを聞いたことがある。信号じゃあるまいし、てっきり冗談かと思っていたが、本当にあるらしい。黒、白、赤、黄、青とあり、これらをまとめて五色不動尊と言うらしい。おもしろいなぁ。

降りだした雨。雨の散歩も悪くない
目赤不動尊は、こじんまりとしたきれいなお寺だった。さらに歩くと、右側に吉祥寺というお寺があった。これも中央線の吉祥寺という駅と同じ名前。こちらは駒込吉祥寺というお寺。ここはかなり大きくて、境内に足を踏み入れると、突然、空が大きく開ける。

「甘味処 蟻ん房」であんみつを食べる

「甘味処 蟻ん房」のあんみつ。歩いたあとの体に甘さが浸透していく
駒込吉祥寺で再び雨が降り始めた。傘を差し、下駄履きで歩く。

本郷通りを駒込駅を越え、しばらく行くと、女子栄養大学への道を曲がると「甘味処 蟻ん房」がある。昔ながらの甘味処である。妙になつかしい。

「お昼に食べたナポリタンでまだお腹一杯ですよ」

というNくんは、ソーダ水。僕はあんみつを注文。このあんみつはなかなかの美味。

あんみつを食べ、表に出ると日が差していた。夕暮れのやさしい日差しだった。NくんはJRの駒込駅へ。僕は地下鉄南北線の駒込駅へ。

楽しい散歩だった。本郷界隈は、また何度か来ないといけないなぁと感じた。

【参考までに今回の散歩ルート】
本郷3丁目「かねやす」からスタートし、駒込まで。東大、樋口一葉の菊坂旧居跡など、歩けば何かしらにぶつかる文学散歩。地域の住民の人の迷惑にならないよう、気をつけよう。今回の所要時間6時間程度。普通にあるけば3時間もかからないだろう

<関連記事>
駒込~本郷 文学散歩編
ぐるなび - カフェテラス本郷
[All About WEEKENDERトップページに戻る]


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。