狭い路地でいきなり婦人に叱られる

(上)大盛りナポリタン。その大きさが伝わらず残念! (下)ハントンライス。こちらも相当なボリュームです。女性の方は気をつけてください
僕たちは、「カフェテラス本郷」を探した。赤門前を行ったりきたり。やっと2階に上がる階段の入り口を見つける。ここは、東大生にも人気の洋食屋だそうで、大盛りのメニューがすごいそうだ。なので、Nくんにチャレンジしてもらおうとここにきた。

月曜日と木曜日はランチバイキングがあるのだが、残念ながらこの日は金曜日。しかし、メニューは豊富で、名前からは料理が想像できないものもある。Nくんは、少し悩みながらも「ナポリタン」の大盛りを注文。僕はどういう料理かまったく想像できなかった「ハントンライス」。

ちょっと写真ではわかりにくいかもしれないが、ナポリタンの大盛りはけっこうな量であった。ハントンライスというのは、オムライスの上にエビフライと牡蠣フライが乗っているものであった。

店の人になんでこれが「ハントンライス」というのか聞いたが、よくわからなかった。あとで、ネットで調べたら、金沢で生まれた洋食なのだそうだ。「ハン」というのはハンガリー料理のことで、「トン」というのは、フランス語でマグロのことらしい。で、本場金沢でのハントンライスは薄焼き卵のオムライスに白身魚のフライが乗っているのが基本で、最近ではエビフライやトンカツを乗せるところもあるそうだ。

しかし、ここ「カフェテラス本郷」のハントンライスは卵が厚焼きである。かなりのボリュームであった。

「これは、強力ですねぇ。人生初かもしれません。もうお腹いっぱいですよぉ」

と言うNくん。ここはコーヒーも飲み放題なので、僕たちはコーヒーを飲みながら、しばらく歓談。

さて、再び本郷通りに出る。この日の天気は雨が降ったり、晴れたりのおかしな天気だ。樋口一葉が住んでいた場所で、今も残る井戸を探す。よく写真に出てくる有名な風景である。

たぶんこっちの方向だと、細い路地を抜けようとする。と、いきなり婦人の声。な、なんだろう。振り返ると

「ここはね、私有地ですからね、勝手に入られちゃこまりますよ……」

とにかく怒りまくっている。Nくんは名刺を渡して「申し訳ありません……」と平身低頭なのだが、僕は普通に道のあるところを通ってなにがいけないのかよくわからなかった。Nくんの謝罪により、婦人は機嫌をすっかり取り戻していたが、今回の散歩を先に進むとこの婦人の怒りももっともだろうということがわかってくるのだ。