最新業務用ゲームが集まる展示会がついに開幕!

会場内・アトラスブース前
会場内・アトラスブース前
2月20日、21日と千葉は幕張メッセにて開催された業務用ゲームや関連製品などの展示会「AOU2009 アミューズメント・エキスポ」へ行って参りました。単刀直入に一言で今回の展示内容を振り返ってみれば、各社それぞれ特色の出たバラエティに富んだゲームが出展されたように感じます。

アクション系のゲームでは、最大20人で対戦できるセガの「BORDER BREAK」。音楽ゲームとガンシューティングを組み合わせたタイトーの「ミュージックガンガン!」。子供から大人まで幅広い層に楽しんでもらえそうなセガのリアルブロックゲーム「ぶろっくぴーぽー」など、見応えある出展内容でした。

今回はそんな各出展ゲームから、要注目のタイトルを厳選してご紹介します。当日、都合がつかなくて会場に行けなかったという方は、是非こちらの記事をお楽しみ下さい。

最大の注目作は最大20人で対戦できる「BORDER BREAK」

会場内・セガブース前></td></tr><tr><td class=会場内・セガブース「BORDER BREAK」前はこの賑わい
(C)SEGA
今回の出展ゲームのなかで、もっとも注目を集めたゲームと言えば、やはりセガの「BORDER BREAK」でしょう。オンラインサービス「ALL.Net」を使用し、最大10人vs10人の多人数全国対戦が楽しめるこのゲームには、多くのギャラリーが集まり、20日の会員招待日でも長々とプレー待ちの列ができていました。

戦闘ロボット「ブラスト・ランナー」を操り、敵チームの基地内にあるコアを破壊すれば勝利となるが、兵装は「強襲」、「重火力」、「狙撃」、「支援」の4種があり、チーム戦術が問われるゲームとなりそうです。また、ICカードを使用すれば、戦績の記録、キャラクター、ブラスト・ランナーのカスタマイズも可能となっています。
「BORDER BREAK」スクリーンショット
公式サイトではゲーム映像へのリンクが掲載されている
(C)SEGA
セガのロボット対戦ゲームということで「電脳戦機バーチャロン」などを連想してしまいますが、こちらはチーム戦を強く意識したもの。また、操作もスティックとマウスなどを使用する業務用ゲーム機としてはかなり変わった仕様で、PCゲームに慣れた人にはあまり違和感無くプレーできるでしょう。

稼動開始時期は2009年内となっており、具体的な日程や時期は発表されていませんが、今すぐ試してみたい方は、2月27日~3月1日まで「クラブセガ新宿西口」、「秋葉原ギーゴ」、「池袋ギーゴ」で開催されている先行ロケテストに行かれてみてはいかがでしょうか。
「BORDER BREAK」筐体と操作部アップ
「BORDER BREAK」筐体と操作部のアップ
(C)SEGA

体感ゲーム好きはバイクレースゲーム「弐輪 -NIRIN-」に注目

会場内・バンダイナムコゲームスブース「弐輪 -NIRIN-」></td></tr><tr><td class=昨年開催された「アミューズメントマシンショー」に引き続き出展された「弐輪 -NIRIN-」の最新版
(C)2008 NAMCO BANDAI Games Inc.
体感ゲーム系では、バンダイナムコゲームスのバイクレースゲーム「弐輪 -NIRIN-」が気になるところ。このゲームでは筐体のバイクに跨り、傾けることでコーナリングを行います。このコーナリング時にブーストゲージが溜まり、車体を元に戻すと急加速していきます。

一見、こう書いてしまうと単純なシステムのように思えますが、プレーしてみると直線コース上でも傾けることでブーストゲージが貯まるので、蛇行運転の後の急加速など刺激的なレース展開を楽しむことができます。選択できるコースも高速道路や繁華街など現実にはレースを楽しむことができないものばかりとなっています。

操作もシンプルで、リアルなバイクレースゲームを求める人には不向きかもしれませんが、気軽に友人や家族などとバイクレースを楽しみたい人には最適でしょう。なにより、車に比べてバイク系のレースゲームは数少ないだけに、「弐輪 -NIRIN-」には是非とも期待したいところです。

次のページ音楽ゲーム、パズルゲームなどの注目ゲームをチェックします。