開催間近となった最新機種が集う業務用ゲームの祭典

ポスターイメージ
「第46回アミューズメントマシンショー」の告知ポスター
今年も最新のゲームセンターなどに設置される最新の業務用ゲーム機などが出展されるが「アミューズメントマシンショー」が9月20日(9月18日、19日は業者招待日)に千葉の幕張メッセで開催されます。今回で第46回目を迎える同ショーでは、約2,000アイテム以上のゲームや関連機器などが出展される予定。

このショーは、社団法人日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)と全日本遊園施設協会(JAPEA)が主催するイベントです。アミューズメント・エンターテインメント産業の総合展示会として多くの関連業者を招いて開催されますが、9月20日は一般公開日として一般ユーザーも入場できるようになっています。

入場料は別途必要ですが、出展されるゲーム機はすべて無料でプレーすることが可能。また、メダルゲームはその枚数を気にせずいくらでもタダでプレーできて、クレーンゲーム機も獲得した景品はそのまま持ち帰ることも可能です。入場料を取られることを考えても十分お得なイベントと言えるでしょう。

レアものも出品されるチャリティーイベントなどを開催

会場イメージ
昨年度の来場者総数は49,017人。年々にぎわいを増しているアミューズメントマシンショー
近年、こうした総合展示会では、より一般参加者の興味をひけるようさまざまなイベントを会期中に開催している。今年2月に開催された「AOU2008アミューズメント・エキスポ」では、全国11地区から予選を勝ち上がって来た出場者20名がクレーンゲームの腕を会場で競う「クレーンゲーム選手権 全国決勝戦」を行っています。

アミューズメントマシンショーでは、前回に引き続き、「チャリティーオークション」を開催する予定。このイベントでは出展各社からレアアイテムが出展され、オークションの収益はすべて慈善団体に寄付されるというもの。

現時点では、セガからプロゴルファー・石川遼選手のサイン入り帽子、システムサービスから非売品のリラックマの販促用特大ぬいぐるみなど、ネットオークションに出品されれば高値が付きそうな品々が出展される予定。同イベントは13:00~と15:00~の2回、一般公開日の20日に主催者イベントステージで開催されます。

次のページでは、最新ゲーム機によるトーナメント大会などをご紹介します。