「ママチャリ」や「マイカーで」レースコースを走る?

コースレイアウト
メインコースのレイアウト。ママチャリでの走行はショートカットコースとなる
こうしたカートでの走行を楽しむ以外に、「ママチャリ」や「マイカー」で本物のレースコースを走るという方法もあります。レースコースなどでは、レースイベント以外にも、愛車を持ち込んでの練習走行も受け付けています。クラッシュすれば目も当てられない事態になるので、無茶はできませんが、愛車の本当のスペックを確認することができるでしょう。

また、レースコースでは自動2輪、4輪の走行以外に、自転車でのレースを開催しているところもあります。宮城県仙台市の「仙台ハイランドレースウェイ」では、8月24日に「2008 コカコーラMAMAチャリ4時間耐久」を開催します。コースは同レースコース内のショートカットコース(2.98km)。4時間耐久のチーム戦で、1チーム3人以上10人以内で参加します。

競技車輌は1チームにつき1台。参加者年齢や自転車の変速機、電動アシストなどの有無で5クラス設けられ、全てのライダーは走行中、ヘルメットやグローブ、プロテクターなどを装着して走行します。レースでは事も無げにレーシングカーが昇っていたゆるやかな坂も自転車で昇り続ければかなりハード。こんなレースもまた楽しいものです。

□「仙台ハイランドレースウェイ」
住所:宮城県仙台市青葉区新川字早坂12
料金(入場料):大人(中学生以上)1,000円、小学生700円、幼児(3才以上)500円
公式HP:http://www.hi-land.co.jp/race/race_0001.htm

いっそのことライセンスを取得してみては?

ゴーカートもレーシングカートも、マイカーでの走行にも満足できなければ、さらに突き進めてライセンスを取ってみるというのはいかがでしょう。ライセンスがあればその種類にも因りますがさまざまなレースに参加することが可能になります。

プロレーサーを目指しているわけじゃないから、ライセンスはちょっとと腰が引ける人も多いでしょう。ですが、初歩的なライセンスの国内B級ライセンスで参加できるレースには、肩の力を抜いて参加できるものも多く、取得方法も 普通自動車以上の運転免許証の取得者でJAFの個人会員であれば、講習会に参加するだけで完了します。

そのほかのライセンスや詳細な取得条件、講習会の開催日程については、JAFのホームページで確認できるので、そちらを参照して下さい。

<関連サイト>
ガイドおすすめ記事「サーキット観戦のススメ」
ガイドおすすめ記事「レーシングカートに関する様々な情報」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。