香港銅鑼灣にバンダイナムコグループの新店舗が開店

店内イメージ
店内エントランスの内装イメージイラスト
(C)創通・サンライズ
ゴールデンウイークは香港に出かけるというゲーム好きな方に朗報です。バンダイナムコグループで香港地区のアミューズメント施設の企画運営を担当しているNAMCO ENTERPRISES ASIA LTD.が、香港銅鑼灣(コーズウェイベイ)に大型アミューズメント施設「ワンダーパークプラス」をオープンします。

アミューズメント施設の海外出店では、セガが発表したEmaar Malls Group LLCによるドバイの施設などが思い浮かびますが、こちらは2008年後半の開設を予定しています。一方、「ワンダーパークプラス」はゴールデンウイークにも間に合う4月19日のオープンを予定しています。

「ワンダーパークプラス」が開設されるのは香港の中心部、銅鑼灣に位置するワールドトレードセンターの6階・同施設は「ナムコワンダー パークWTC(ワールドトレードセンター)店」を改装したものです。また、日本発のエンターテイメントの情報発信基地を目指しており、店舗名をあえて日本語で表記しています。

「機動戦士ガンダム 戦場の絆」も海外初登場

点心熊猫
中国で人気のキャラクター「点心熊猫」
(C)BANDAI・YAKATA
「ワンダーパークプラス」では、海外では初のドームスクリーンなどを備えた戦術チーム対戦ゲーム「機動戦士ガンダム 戦場の絆」や、「太鼓之達人11 亞州版」、「パシャパシャシール たまごっちとたまツーしょっと!」などバンダイナムコゲームスの製品をはじめ、約200台のアミューズメントゲームが設置される予定。

店内は機動戦士ガンダムの「初代ガンダムRX-78」、「シャア専用ザク」の特大の胸像、たまごっちキャラクターの立像などがテーマパークのような内観を演出します。また、アンテナショップとして展開されるホワイトベースをデザインしたキャラクターグッズショップのコーナーは、香港のビクトリアハーバーを見渡せる絶好のロケーションに位置しています。

そのほか、景品ゲーム機の景品にアジアで人気を博している「点心熊猫」のぬいぐるみを使用するなど、ご当地ならではの景品も用意されます。観光やショッピングに疲れたら、こんなお店で休憩してみてはいかがでしょうか。

【ワンダーパークプラス】
・場所:The whole of 6/F World Trade Centre
280 Gloucester Road Causeway Bay,Hong Kong
香港銅鑼灣告士打道280 號世貿中心 六樓
・tel:+852-2576-6659
・オープン日:2008年4月19日
・総施設面積:約350坪
・機器台数:約200台

海外ならではの店舗、機器で異文化に触れてみませんか?

点心熊猫
海外のプリントシール機はこんな感じ
こうした現地に特化した至れり尽くせりな日本のアミューズメント施設を楽しむのもいいですが、全く異なる現地のゲームセンターやテーマパークなどを訪れてみるのも、また楽しいものです。お国柄、アミューズメント施設が乏しいところでなければ、こうした施設を訪れて、日本との違いを見つけてみてはいかがでしょう。

日本で言うところのゲームセンターでありながら、日本ではお目にかかれないレアな家庭用ゲーム機を置いているだけだったり、クレーンゲームの景品が薬品だったり。そんな日本ではあり得ない光景が展開しています。

なかでもその違いが顕著なのがプリントシール機。最近では日本のメーカーの機器を置くところも増えたので、それほど驚くことも少なくなりましたが、現地企業が制作したと思われる機器には、写真なのにスケッチ風に画像を仕上げる機器などがありました。こうした海外の機器や店舗に興味があれば、こちらの記事をご参照下さい。

【関連サイト】
ガイドおすすめ記事「香港はデザート天国!vol.1【紅[石勘]】 流行の楊枝甘露を食べよう!」
ガイドおすすめ記事「世界有数のUFO出現スポットへ行こう!

■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。