大人も楽しめる職業仮想体験アトラクションはいかが

子供向けテーマパークでは、将来、なりたい職業を仮想体験できる「キッザニア」などが大人気です。そこで、今回はさまざまな職業を体験できるシミュレーターなどのアトラクションを用意したスポットをベスト5形式でご紹介します。

声優、警察官、トレジャーハンター、自衛官、蒸気機関車運転手など、日常ではなかなか味わうことができないその職業ならではの珍体験を疑似体感してみましょう。

第5位:あこがれの「警察官」になりきる!
東京都中央区「警察博物館」

博物館エントランス
警察の歴史資料や、装備品も展示しています
写真提供:警察博物館
第5位は東京都中央区の「警察博物館」。その名の通り、警視庁が運営する広報館で、同庁の歴史と活動に関する資料を多数展示している施設です。ここでは「警察官」の職務を疑似体験することができます。子供の頃、警察官に憧れた人は足を運んでみてはいかがでしょうか?

施設内には各種資料などの展示のほか、コンピュータを使ったモンタージュゲームやクイズゲームなどを用意して、全体的に子供向けの内容となっています。なかでも警察官制服や白バイ隊員制服を借りて記念撮影できるコーナーでは、展示してあるヘリコプターやオートバイに乗って撮影することが可能です。

子供向けのコーナーとなりますので、サイズも各100cm、120cm、140cmの3サイズで、着用できるのは3歳児位から12歳児位まででしょうか。家族サービスにこんな施設を利用してみるのもいいですね。ちなみに、入場は無料。記念撮影はカメラを持参しての撮影となります。

警察博物館
・場所:東京都中央区京橋3丁目5番1
・開館時間:10:00~18:00
・休館日:毎週月曜日(祝日に当たる場合は翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)

第4位:宝石をゲットして気分はトレジャーハンター
大分県別府市「セントレジャー城島高原パーク」

「トレジャーハンティング 宝石さがし」
ゲットできる宝石の種類は公式サイトで確認できます
第4位にランクインしたのは大分県別府市の「セントレジャー城島高原パーク」。木製ジェットコースター「ジュピター」や、各種玩具を集めた子供向けアトラクション「おもちゃ王国」などがある同施設。ごく私的には電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」のアトラクションなどが気になるところですが、注目は宝石探しのアトラクション。

同施設の「トレジャーハンティング 宝石さがし」は、アトラクション内に散らばる宝石を制限時間30分以内に見つければ、そのまま持ち帰れます。用意される宝石はアメジストやローズクォーツ、ターコイズなど30種類。砂金探しのようにこれら宝石を見つけだすというものです。

もちろん、宝石探しといっても過度な期待は禁物ですが、ちょっとしたトレジャーハンター気分を味わうことができます。また、彼女や友人と鮮やかに輝く宝石を見つけることができれば、きっとよい思い出となるでしょう。なお、同アトラクションの料金は、小学生以上が1000円、3歳~小学生未満で500円となります。

セントレジャー城島高原パーク
・場所:大分県別府市城島高原123
・開館時間/休館日:公式HPを参照のこと
・入園料:大人(中学生以上)1500円/こども(3歳~)・シニア(60歳以上)
※そのほか、年間パスポートなど各種パスあり


次のページでは第3位、第2位をご紹介します。