瀬上’ハル’豪晴
(セノウエタケハル)
1977年10月13日生
■スポンサー
HUMMING BIRD,NEGRIL,
FLUX,IS DESIGN,ital,
Mo'Better Pants,
NEO IMPRESS,SHREDDER,
よろず屋
前回紹介した「ステッカーチューンのコツ」に引き続き、今回はライダーであり、福島県のプロショップtarget="_blank">「SHREDDER(シュレダー)」の名物スタッフでもある「ハル」こと「瀬上豪晴(セノウエタケハル)」に、ステッカーチューンのこだわりを聞いてみました。

ライダーたちにとっては当たり前の、ボードをカッコよく見せるちょっとしたコツ。

いろんなライダーのボードを見たり、こだわりを知ることで生まれるヒラメキは必ずあります!良いところはドンドン吸収していきましょう!


「ハル」流ステッカーチューンのこだわり

まず2本ともボードとバインディングの色がバッチリ合ってます!それにステッカーチューンが加わり、さらにはペンキを使ってカスタマイズ!イケてます!
1、デカイのを選ぶ。

2、2・3種類のステッカーを重ねて1枚のステッカーみたいにする。

3、はみ出す。はみ出した部分はカッターでカットして、カットした部分は再利用するも良し。

4、色は二色でまとめる。もしくは5、6色使ってガチャガチャさせる。

5、ノーズに1・2枚、テールいっぱい。もしくはノーズとテールに同量か、ノーズかテールのどちらかだけに貼る。

6、自分が使っているブランドを貼る。自分の家の表札に他人の苗字を書かないですよね。

7、エッジ沿いに貼る。

8、バインディングに少し隠れるように貼る。

9、板のデザインはなるべく残す。

■ステッカーを貼る時に注意してる点は?
1、空気が入らないように端から貼っていく。

2、もしも空気が入ったら見てないフリをする(笑)。下手に剥がすと粘着が無くなるし、穴を開けると水分が入って剥がれやすくなるイメージがあるから。

3、エッジ脇をカッターで切るときは少し多めに切る。ギリギリに切ると剥がれやすいので注意!

4、重ね張りした所は爪などでしっかり擦る。

5、自分のセンスを信じてバンバン貼っていく。めちゃくちゃに張っても以外と上手くいく。

悪ノリでペンキも使っちゃいました!

白い板はお店の看板をREIちゃんが描いてくれた時にペンキを借りて自分でやりました。(SHREDDERのホームページ参照)天気が良すぎて若干、頭がボーッとして来てやりました。悪ノリやってんけど男の子はワンパクな方がエエもんね。ほんで、たまたまビンディングと同じカラーやったからエエ感じです。ステッカーはペンキを塗る前に貼りました。

あと、ウチのショップで買い物をしてくれたら一緒にステッカーを貼りますよ。カッコいい板にしましょう。ただし、忙しい時はアカンけどね。
target="_blank">■SHREDDER

〒960-8161
福島県福島市郷野目字宝来町21-3
TEL:024-546-9901

<アクセス>
■福島西ICより10分!地下道のすぐ手前からINできます!
■4号線からお越しの際は、びっくりドンキーの交差点を115号にIN!最初の交差点をすぎてすぐの脇道をIN!そのまま鉄橋の下の道を来ると反対側に出られます!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。