画像の代替テキスト
オーリー・エアーができれば、今よりもっとトリックの幅が広がります!
「ワンメイク道場」は、「ワンメイクでもっとカッコよく飛びたい!」というやる気満々な人のためのお役立ちハウトゥーです。

前回のフロントサイド180に続くスピントリックの第2回目は、スノーボーダーなら誰もが憧れる人気トリックの1つ、「バックサイド180」です。B180は、フロントサイドとは逆回転、つまり後方へ振り向くようにボードを半回転させるトリックです。

バックサイドもフロントサイドと同様に、まずは180がスピンの基本になります。安定した180が出来るようになるには、どちらもしつこいくらいの反復練習が必要になりますので、F180とB180を気分に応じながら、またフリーランの中では地形に合わせながら、並行して練習していくといいでしょう。

画像の代替テキスト
南雲武仁(ナグモタケヒト)
スポンサー:NITRO,COBRAWORX,SMITH,DP,スリーウェザー,ディメンション,ジェムストーンフィルム,シャレー佳竹,黒羊,ムラサキスポーツ千葉店
今回も取材に協力頂いた新潟県湯沢町にある「湯沢パークスキー場」のすぐ脇に住んでいて、ガイドの所属するスノーボードチーム「黒羊(クロヒツジ)」のメンバーでもある「南雲武仁(ナグモタケヒト)」くんに手伝ってもらって、そのコツを伝授していきます。

それではさっそく始めましょう!


B180に必要な3つのスキル

これは前回紹介した「フロントサイド180に必要な3つのスキル」とまったく同じです。おさらいしておきましょう。

  1. オーリー・エアー
    スピントリックの基本はオーリー・エアーになります。キッカーでの「抜け」をコントロールするために必要不可欠です。

  2. グランドトリックB180
    バックサイド方向へボードを180回す動作、感覚を事前に養います。グランドで出来なければ、当然ワンメイクでもできません。

  3. フェイキーライディング
    フェイキーでのランディングはメインスタンスよりも数倍難しい。メイク率を上げるためには、フェイキーライディングを鍛える他ありません。

それぞれのスキルが充分に備わっていれば、ワンメイクでのB180はすぐに出来るようになります。逆に、中々メイクできないという人は、これらのスキルの何かが足りないはずです。自分のスキルを今一度確認してみましょう!

実際にやってみよう!

画像の代替テキスト
バックサイド180
「バックサイド180」は、F180と同様にスピントリックの基本中の基本となるトリックですので、しっかりとスピンをコントロールできるまで、繰り返し練習しましょう。すべてがコントロールされたメローなB180を手に入れると、自然とその先へ続く新しい扉が開きます。

それでは実際にやってみます。

>>次ページは「バックサイド180」を紹介!>>