「今日は波がデカイ!けど沖に出れるか心配……」なんてこと初心者のサーファーに限らず、大きい波が苦手なサーファーにとってもよくあることですよ。いくらパドリングしても打ち寄せる波で、なかなか沖に出れないことはよくあることです。出来ることなら、なるべく体力を使わないで簡単に沖に出たいもの!

そこで今回は、なるべく楽にゲッティングアウト(沖に出ること)出来るコツを学んで行きましょう。

リップカレントを見つける

po.w1
波がブレイクしているポイントは避け、沖に向かう流れ(矢印)にそえば楽に沖まで行けます
まず、リップカレントとは沖に向かう流れのことです。波がブレイクしている部分は岸に向かって水の流れがあります。そこから沖に出ようとゲッティングアウトしても、波が次から次へと向かって来て前には進みません。波がブレイクしていない(ブレイクしにくい)所は、リップカレントといい沖に向かって流れがあることがよくあります。

このリップカレントを見つけ、沖に向かうようにすると意外にも楽に沖に出れたりするのです。

海を良く見て、タイミングよく

po.w2
いっぱい波が来ている時は、すぐに海に入らずセットが終わったら、タイミングよくゲッティングアウト!
セット(まとまって何本か入ってくる波のこと)がガンガン来てる時に海に入っても波に戻されたり、巻かれたりと体力を使うだけです。セットが入ってる時は、しばらくセットが収まるのを波打ち際でやり過ごし、セットが収まった瞬間を狙って一気に沖に向かうようにするようにしましょう。

そうすることで、無駄な体力を使わずにパドリングを開始出来まね。

浅い所は歩く

po.w3
行けるところまで歩いていきましょう
波打ち際の浅いところで、いきなり腹ばいになってパドリングしようとしないで、足が着く所まではなるべく歩くようにしましょう。浅い所は歩いて深くなって足がつかなくなってきたら、そこで初めてボードに腹ばいになってパドリングを開始するようにしましょう。

もし、浅瀬で一生懸命パドリングして波が来たからとドルフィンスルーでもしようものなら、すぐに底にボードが着いてしまい、ボードも壊してしまう可能性もあります。

これは、あくまでもビーチブレイク(砂浜)の場合です。リーフブレイク(サンゴや岩など)などでは、足を底に着くと危険なポイントもあるのでわからない場合は入るのやめるか、ローカルサーファーなどに聞いてみましょう。



いかがだったでしょう?海で無駄に体力を使わないようにするのは大切なことです。いざ、自分の前に最高の波が来てるのに「疲れて動けません」ではせっかくのチャンスが水の泡。とは言っても、やっぱりサーフィン。なんだかんだ言ってちょっとは楽ができても、パドリングは結局避けられないのです!



<関連リンク>
Waters

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。