ブンデスリーガを経験した2人の日本人が、地元での国際大会に華やぎを与えた。釜山アジア大会でもペアを組む田崎俊雄(協和発酵=写真右)、鬼頭明(健勝苑=写真左)が、ITTFプロツアー「ジャパンオープン」の男子ダブルスで頂点に立った。

年間12大会ほど実施されるプロツアーの同種目に日本ペアが優勝するのは、1997年2月のカタールオープンでの松下浩二、渋谷浩以来のことである。

今回の優勝のみならず、田崎、鬼頭はともに松下浩二に「つづいた」経験をもっている。

鬼頭は97年4月、松下につづく2番目の日本人プロ選手になった。その年の8月からドイツリーグ3部でプレーし、3部で2番目の29勝8敗の好成績を残した。その活躍が認められ、翌98~99年のシーズンはブンデスリーガ2部の「オーバーハオゼン」でプレーした。

田崎は、99年8月から2シーズンにわたり、ブンデスリーガ1部の「ゲナン」でプレーした。松下につづき、1部チームに所属した2人目の日本人選手となった。ちなみに田崎と松下は99年11月28日、世界最高レベルのリーグの公式戦で対戦するという、日本の卓球界にとっての「記念日」を刻んでいる。

そんな田崎と鬼頭を、今大会では松下が「援護」することになった。

田崎、鬼頭のペアは、初戦でJ・セイブ(ベルギー)、プリモラッツ(クロアチア)の強豪ペアと対戦することになっていたのだが、当日の男子シングルスで松下がセイブと息詰まるような激戦を繰り広げた。セイブはフルセットの末に松下を振り切ったものの、カットの「打ち疲れ」により肩を痛め、ダブルスを棄権せざるを得なかったのだ。

準々決勝に進出した田崎、鬼頭は、第1シードのシュラガー、ジンドラク(オーストリア)に4-3で競り勝ち、準決勝ではシーラ、キャベスタニ(フランス)に4-1と快勝した。そして迎えた最終日、決勝の相手はティモ・ボル、シュテーガー(ドイツ)だった。