世界を沸かせた錦織圭

錦織圭
17歳でプロに転向した錦織圭。2008年2月ATPツアー デルレイビーチ国際選手権で優勝
錦織圭が世界を沸かせた。2008年2月ATPツアー デルレイビーチ国際選手権(「ツアー」はグランドスラムに続きレベルの高いとされる大会)で優勝の快挙のニュース。224位だった錦織圭、世界12位(最高4位)のジェームス・ブレークに勝利。その瞬間うずくまるように勝利をかみしめた彼を、日本だけでなく世界中のメディアが取り上げた。

日本人男子のツアー優勝は、1992年韓国で松岡修造が優勝して以来となる16年ぶり2人目。この勝利により、ランキングは131位となり日本人No.1となった。

自信の根底にあったものとは?

12歳からアメリカを拠点に置く錦織圭は、ウイナーズスピーチを英語で次のように答えた。

「信じられない。この大会を優勝したんだ、信じられないよ。テレビで見ていたジェームスブレークに勝ったんだ。デルレイビーチ、ありがとう。関係者の皆さんありがとう。人生最高のトーナメントだ。僕を1週間応援してくれたファンの皆さんありがとう。今、本当にうれしい。ありがとう」

どこかたどたどしく喜びや感謝の気持ちを素直に語る錦織圭に、観客が大きな声援を送っていた。

勝利後のTVレポーターによるインタビューで、この優勝までの道のりなどを聞かれ、

「どうやってこの大会に優勝できたかわからないよ。ただ、本当に今週はいいテニスができた。精神的にも良かった。肉体的には最高だった」

と答えた。続けて、前の試合では何度も相手にマッチポイント(あと1点で相手の勝利)を握られる中での逆転勝ちしたのだが、それがメンタルに影響したかと聞かれ、

「ファーストセットは少しナーバスになっていた。でも、もっと楽しむようにして……、うーん、(やっぱり)わからないな」

と語った。勝因の多くを語らないが、彼には自信があったはず。世界No.1のロジャー・フェデラー、世界No.2のラファエル・ナダルなどとも練習してきた錦織にとって、相手が誰であっても臆することはない。実際に誰とやっても通用するストロークは、世界のトップでも十分通用することを証明している。

その自信の表れは翌週行われたSAPオープンでもはっきりと感じられた。試合前には「ロディックとやるためにきた」とはっきりとした目標を語り、1回戦では世界ランク96位の選手に勝利し、2回戦でアンディー・ロディックと対戦。惜しくも敗れはしたが、ロディックに対しても精神的には一歩も引かないプレーを見せつけた。世界最速ともいわれるアンディ・ロディックのファーストサーブを、しっかりとスウィングしてリターンエースをとるなど観客の度肝を抜くようなプレーも見せた。

彼の自信には根拠があり、その自信と根拠となる質の高いプレーが成長を加速させている。

>>目を見張る成長のスピード>>