テニス愛好家にとって日焼け防止することは、単に美容や健康のために必要なだけではない。日焼けした翌日、シャツが首筋と触れ合い痛みを感じれば、サーブの際に集中力を削ぐことになる。それ以上に日焼けはやけどでもある。やけどをすれば皮膚呼吸が衰える。そうなれば体は普段以上に水分を必要とする。当然プレーにも影響してくる。

そこで今回は、その日焼け対策について考えてみたい。

紫外線とは? その種類と害

紫外線は英語表記すると「Ultraviolet Ray」、略してUVと表記されることが多い。UV-C(短波)、UV-B(中波)、UV-A(長波)3種類に分けら、そのうち地上に届くのはUV-BとUV-A。

■UV-B
皮膚の表面にダメージを与え、刺激が強い。肌の表面に炎症を引き起こす。体質にもよるが、数日後には遅延黒化(肌が黒くなる現象)を起こす原因になる。皮膚ガンの原因にもなるので要注意。

■UV-A
皮膚の奥までダメージを与える。UV-Bのような強い作用はないが、長時間浴び続けると深いしわ、シミ、ソバカス等を作る原因となる。通常の加齢と違い、UV-Aによる老化は「光加齢」と呼ばれ、肌に顕著な変化をもたらすので要注意。ちなみに日焼けサロンで使われる紫外線はUV-A。

日焼け止め効果の表示

日焼け止め化粧水
よく見る表示SPFとPA。効果をきちんと得るには正しい理解が必須
■SPF(UV-B防止効果の程度を表わす)
「Sun Protection Factor」の略。UV-Bによって皮が赤くなるまでの時間を、日焼け止め化粧品によって何倍に延ばせるかを示す指数。数字で表し、最高値は50+。SPF値が高くなるほど、防止効果が高くなる。

例えば、25分間、日に当たると肌が赤くなる人がSPF 24の日焼け止めを塗ると、25分の24倍で、600分(10時間)肌が赤くなるのを防げることになる。

■PA(UV-A防止効果の程度を表す)
「Protection grade of UV-A」の略。UV-Aが照射された肌が黒くなるのを、どの程度防止する効果があるのかを表す。「+」が多いほうが防止効果が高い。

PA+ = UV-A防止効果がある
PA++ = UV-A防止効果がかなりある
PA+++ = UV-A防止効果が非常にある

>>次は、賢い日焼け止めの選び方>>