2月から4月は、テニスメーカーからの新作のラケットが続々と発表されるシーズン。テニスプレイヤーにとっては、一番ワクワクする時期ではないでしょうか。そこで今回から2回にわたって、今シーズン販売された話題のラケットをクローズアップしてみます。第1弾は、ヨネックスのRDSシリーズに焦点を当ててお伝えします。

ヨネックス RDSシリーズ

RDS001
フェイス/90インチ
素材/高弾性カーボン+ゴムメタル
サイズ/G2、3、4(平均325g)
推奨テンション/45~60ポンド
使用選手/L・ヒューイット
今年の全豪オープンからL・ヒューイットD・ナルバンディアンといったヨネックス契約トッププロが使い始めて脚光を浴びた黒と黄色のラケット。このところ元気のなかったヨネックスから久々に注目度は抜群、売上げも好調のラケットがこのRDSシリーズ!スィートスポットが拡大し、さらにラケットがしなり高反発するラケット。というのが大きな特徴だが、パワーがアップしたうえに軽量化にも成功したことで注目を浴びている。

「アイソメトリック」と「ゴムメタル」という二つのテクノロジーがRDSのウリ。

■アイソメトリックとは?
10%スウィートスポット拡大。一般的な円形フレームでは縦ストリング8本分と横11本文の交わるエリアがスィートスポットとなるが、「アイソメトリック形状」は縦が10本、横13本分がスィートスポットとなり、従来のラケットと比較しスィートスポットエリアが拡大している。

さらに円形フレームに比べフレームのデッドスペースを削り落としたことで、振りぬきがよく、コントロール性能も向上している。フレーム上下4隅にソフトグロメットを搭載し衝撃を和らげ、一段と広いスウィートスポットと柔らかな打ち応えを可能にした。

■ゴムメタルとは?
ゴムのような弾性と高レベルの強度を併せ持つ、新チタン合金がゴムメタル。少ない力でしなり、強くまっすぐに反発するのがその特徴で、トヨタ自動車グループのシンクタンクである豊田中央研究所にて開発された。ゴムチタンを採用することで、しなりやたわみが従来品よりも大きく、且つ、相反する復元力を持ち合わせており反発性が向上している。さらにしなりに対し精密に復元する特徴を活かし、面安定性が向上し、この2つの効果でスピードとコントロールが向上した。