現在の活動状況は?

テニスボールを取り付ける作業をする生徒
国内のテニスボールの年間使用量は約3000万個(GSA調べ)。ほとんど廃棄処分されていたボールの再利用と消音のW効果を狙った活動が、今までは難聴児童のいるクラスだけでなく、教室全体の学習環境の向上につながるとともに、物を大切にすることを学ぶ機会にもなると全校で取り付ける学校も増えました。

現在では全国で779校が参加し、提供個数も140万個に達しています。提供個数100万個を達成したときには提供先の学校でセレモニーが開かれ、プロテニスプレーヤーの松岡修造さんが参列しています。

あと3万個のテニスボールが必要です!

冒頭でも触れていますが、全国の学校から申込みが殺到し、現在3万個のテニスボールが不足しています。もし、皆さんのお手元に不要なテニスボールがあれば、もう一度、テニスボールに活躍の場を与えてあげてください。


●ボールリサイクル運動に興味のある方は専用のホームページが設けられているので、こちらをご覧下さい。  
sports-eco.net


●取材協力
 NPO法人グローバル・スポーツ・アライアンス

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。