ゴルフクラブの相性

最終的にクラブ選びを判断するには、ゴルフコースで打ってみる他はない。実戦で活躍するクラブがいいクラブ
ゴルフクラブはそれぞれに特性を持っています。大まかに区別するなら、右に行きにくいクラブと左に行きにくいクラブ、ボールが上がりやすいクラブと弾道の低いクラブ、ボールが曲がりにくいクラブと意図的にボールを曲げやすいクラブ、重量が重い軽いなどがあげられます。そのほかにも実に様々な要素によって、クラブの特性は決定します。ゴルフショップに同じように並んでいても、実際に打ってみた感じはまるで異なるものなのです。

なぜゴルフクラブは、多くの細やかな特徴を備えているのでしょう? それはそれぞれのゴルファー自体に個性があるからに他なりません。スイングのタイプやパワーもそうですが、体力や体格、利き腕・利き目に至るまで、一人として同じゴルファーはいないので、それぞれのゴルファーにとってマッチするクラブは変わってくるといってよいでしょう。そのためほとんどのメーカーで、ゴルファーのタイプに応じて、数種類の特性の異なるクラブのラインナップをしています。

ゴルフクラブメーカーは、日進月歩のクラブの進化の中で性能のしのぎを削っています。しかし、どれだけ優れたクラブであっても、ゴルファーのタイプがそれぞれに異なる以上、どうしてもクラブにはその人に合う・合わないがあります。

>>次は、クラブ選びのポイントについて>>