完成された引退。理想的な3日間

番組終了後、バックステージから全選手&関係者が登場。フレアーの門出を祝う、本当のサプライズが用意されていた
しかし、フレアーの引退はこれで終わった訳ではなかった。本当のフィナーレは翌日のRAWで待っていたからだ。

3月最後の月曜日。レッスルマニアを一年の最終回とするなら、物語の第1話として、ファンの注目を集める初回のRAW。その番組冒頭では、引退するフレアーがエンディングで「Farewell Address」と題し、ファンに最後の挨拶を行うことが発表された。

一昨日、昨日と同様、大歓声と拍手で迎え入れられたフレアーは、ファンに「二度とレスリングをすることはないが、悲しまないでほしい。なぜなら、自分はプロレス史上最高のキャリアを積んだんだ」とメッセージを送る。

すると、ここでテーマ曲に乗ってHHHがリングに登場。フレアーを労い、謝意を述べたHHHは、1980年代後半、全米を席巻した伝説のユニット、フォーホースメンのメンバーを呼び込み、その後も、リッキー・スティムボート、グレッグ・バレンタインといったレジェンドに、バティスタ、ジョン・シナ、クリス・ジェリコ、フレアーの家族、昨夜戦ったショーン・マイケルズに至るまで、選手&OBらの名を次々にアナウンス。皆、リングに上がっては、感激して顔をクシャクシャにしたフレアーと熱い抱擁を交わした。

ここで、USAネットワークによるRAWの全米生中継は終わった。ここからは、いわゆるボーナストラックと呼ばれる、会場に集まったファンしか知ることのない特別なパフォーマンスタイムだ。もちろん、今宵は、それすらも、フレアーのための時間であったことはいうまでもない。

なんとRAWに登場したアンダーテイカー。ホール・オブ・フェイムでさえファンの前には姿を現さなかった男が、フレアーの目前に現れた
本当のサプライズが始まった。生中継が終了するや、入場ゲートから、ブランドを超えたWWEスーパースターズが大挙してリングサイドへ歩み寄る。その中には、ランディー・オートンやビッグショーといった顔も見られ、全員が全員、フレアーにスタンディングオベーションを送っている。

更に、場内にアンダーテイカーのテーマ曲が鳴り響くと、コスチューム姿のテイカーがリングイン。フレアーに“Rest in peace!”(安らかに眠れ)のパフォーマンスを披露した。そのキャラクターを守るべくホール・オブ・フェイムでさえファンの前には姿を現さなかった男が、1万人が見守る中でフレアーと抱き合い、その引退セレモニーはいよいよクライマックスを迎える。

最後に姿を現したのは、ビンス・マクマホンWWEオーナー。テーマ曲もなく、花道にずらり並んだスーパースターズを掻き分けるようにリングへ入ると、フレアーへ飛び付くように抱き付き、その手を高々と掲げた。

完成された引退。理想的な3日間だった。

35年以上にも渡って戦い続け、ファンやレスラー、関係者、誰からも愛され、日本のファンにも馴染みがあり、著しい“老い”を見せることなく、手加減なしのプロフェッショナル・レスリングで観る者全てを魅了してリングを降りたレスラーがいただろうか?

ファンやスーパースターに何度も投げキッスを送ったフレアーは、3日間、泣いてばかりいたためか、最後の最後にようやく満面の笑みをみせると、リング上に着用していたジャケットを敷き、はしゃぐようにニードロップやエルボードロップを落とた。

最後に再びマイクを持ったフレアーは言葉少なく「サンキュー」と、5回繰り返してリングを降りると、花道に並んだスーパースターに見守られ、バックステージへと帰っていった。


<関連リンク>
華麗なる引退、フレアー最後の3日間(前)
アメプロ最前線、全てが詰まった1週間
WWE日本語公式サイト

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。