クラブハウスの前で、練習着姿のディバイオ(写真:斉藤健仁)
2001-02シーズン、パルマ時代にセリエAで20得点を挙げたマルコ・ディバイオ。その翌シーズンにユベントスに移籍してから親交がある彼に、2年半ぶりにイタリア・カルチョに復帰した心境を訪ねてみた。
(インタビュー・訳 野辺優子)

スペイン、バレンシアの空港でディバイオにインタビューしたのは、2年前のことだった。当時、バレンシアでは彼をスペインに呼び寄せたイタリア人、クラウディオ・ラニエリ監督が解任され、戦術的に理由から彼は出場機会が減少していた。その翌年に控えていたドイツW杯に出場するためにも、「一刻も早くイタリアに戻りたい」、と心境を語っていたディバイオ。しかし、結局その年彼はバレンシアに残留することとなり、その後、フランス・リーグアンのモナコへと移籍した。

そして、2年半ぶりのイタリアで、ディバイオが選んだのはセリエAのチームではなく、セリエBで昇格圏内にいるジェノアだった。

インタビューは練習後、仮住まいをしているホテルのラウンジですることになった。エレベーターから降りてきたディバイオは、あの時とは見違えるような柔和な表情になっていた。それが、イタリアに帰ってきた安堵感のせいだけでないのは、すぐにわかった。

彼はソファに腰を下ろすとおもむろに携帯電話を取り出し、私に待ち受け画面の愛らしい赤ちゃんの写真を見せてくれた。

オーグロ(大黒)とこの間食事したよ

私服はいつもカジュアルだ。最近は「アバクロ」がお気に入りで、ネット通販しているそうだ(写真:斉藤健仁)
――娘さんが生まれたのね。
「ソフィアっていうんだ。去年の夏に生まれたんだよ。まだ見たことがなかったよね」

――マルコにそっくりだね。
「目元がだろ。ソフィアっていうのはいい名前だと思うだろ? そうだ、あとで日本語でソフィアってどう書くか教えてくれないかな。妻が喜ぶと思うんだ。

子どもが生まれて、僕たちは本当に幸せに思っている。僕としては、すぐにでももう一人、そう、男の子が欲しいんだけどね。もちろん、前にも言ったかもしれないけれど、サッカーをやらせたいんだよ(笑)」

――奥さんのマリーザは元気? 娘さんと一緒にローマの家に帰ってるの?
「ああ。君にもよろしくと言っていたよ。実は妻と娘はまだモナコにいるんだ。娘がまだ小さいこともあるし、モナコとジェノヴァは500キロ、車ならそんなに距離はないからね。今は僕はこうして一人でホテルにいて、休みの日に妻がやってきて、一緒に住むジェノヴァで新しい家を探しているところなんだよ。

そう言えば、この間、オーグロ、発音は合っている? 大黒(将志)と先日知り合いになったんだ。モナコの家に遊びに来たんだよ。トリノのステローネは、僕と出身が同じ(ローマ)だから仲の良い友達でね、彼が大黒を連れてきたんだよ。ロベルト(ステローネ)は、中村がいたときにレッジーナにもいたから日本人に縁があるんだ(笑)。

大黒はなかなか面白いやつだったよ。すごく感じのいい青年だね。僕はかなり気に入ったね。イタリア語もだいぶ覚えたみたいだね。結構話していたよ。たしか、トリノへ来る前はフランスでプレーしていたんじゃなかったっけ? そう、グルノーブルだったね」