W杯は6月14日で32ヶ国すべてが登場した。初戦を戦い終えたところで目立ったのは、いわゆる“イケメン”選手たちの活躍だ。“花も実もある男”たちは、プレーもやっぱり美しい!

実力も容姿もNO.1!? イタリアの両エース

©Soccer-Europe.com アッズーリの得点源は「伊達男」のトーニだ
フランス以外の強豪が順当に勝ち星を挙げたグループリーグの初戦。国内スキャンダルで代表チームの仕上がりが不安視されたアッズーリことイタリア代表は、これぞ“カテナチオ(錠前)”の堅守を見せてガーナに2-0と快勝し、今のところブラジルやアルゼンチンよりも上と評価が高い。

そんな今大会のアッズーリはプレーだけでなく、美形の伝統も復活したようだ。ガーナ戦で先発したジラルディーノ、トーニのイケメンのFW両エースは、容姿だけでなくプレーも「最高だ」とイングランドのエリクソン監督も大絶賛。

さらに日本でも大人気のFWデルピエロやインザーギ、MFも藤木直人に似ているとの声もあるピルロ、最近結婚したのが実に残念な金髪のデ・ロッシ、元祖王子様トッティ、DFもカルチョ界一セクシーな男ネスタ、笑顔が人気のカンナヴァーロ、ダンディーなザンブロッタ、人気上昇中のオッド……さすが、イタリア代表、どこを見てもイイ男揃いだ。

スペインの“王子様”も世界的スターに!?

©Soccer-Europe.com  世界の「サッカー界の王子様」へ…F・トーレス
イタリアに負けじと圧巻の活躍を見せたのが“無敵艦隊”スペインだ。グループリーグ初戦で、シェフチェンコ率いるウクライナを4-0と撃沈。長らく弱点とされていた守備も闘将プジョルを中心に鉄壁の守りを見せ、中盤から前線までどこからでも点が取れる決定力を見せつけた。

初戦のウクライナ戦はスペインの皇太子も応援に駆けつけたが、皇太子は大のアトレティコ・マドリーファンだ。そのアトレティコの若きエース、フェルナンド・トーレスはいわば“スペインサッカー界の王子様”である。

金髪で長身、甘いマスクはすでにスペインの女の子たちには大人気だが、ウクライナ戦でも再三に渡る突破、そしてゴールを決める活躍で、その人気も世界へと広がっていきそうだ。他にも、スペインにはFWラウールやGKカシージャスなど、“イケメン“選手が顔を並べている。

イケメン選手たちの活躍で、このままイタリアが4度目W杯を獲得するのか。それとも、トーレスが引っ張るスペインが初のW杯優勝の栄冠を手に入れるのか――世界中の女性ファンも、イケメン選手たちの活躍を期待しているに違いない。

<関連リンク>
All Aboutスポーツチャネル
スポーツナビ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。