桜と人物のバランスを整えて

お花見をしている人物を撮るときに、人物だけを撮ってしまうと、ただの宴会の写真になってしまいます。花見という部分を写真にも表現するには、やはり背景などに桜を入れたいところ

宴会中の人物を撮る場合でも、人物だけではなく背景に桜が入るようにフレームを整えます。撮る人は人物より少し離れて、広角のレンズサイズで撮るといいでしょう。

また、公園などでお子さんのお花見を撮る場合も同じように人物と桜のバランスを考えて撮ってみるようにしてみてください。

公園にて
近所の公園でのお花見を撮る場合、桜の花と人物のバランスを考えて構図を考えてみるといいでしょう

宴会中
宴会中も人物だけを撮るのではなく、背景に桜を配置することも忘れずに

笑顔に反応するスマイルシャッターを使い、宴会中のみんなの笑顔を撮ってみても大変盛り上がりそうです。『笑うと撮れるんです、スマイルシャッター 』をご覧下さい。

次のページでは、印象ある桜の風景写真の撮り方をご案内しましょう!