反射率の違いによって明るさが変わります


それでは、レフ板を使ってない場合、白いレフ板、銀色のレフ板それぞれを使った場合を比較してみましょう。
 
 
レフ板

レフ板を入れてないときの写真。全体が暗く写っている。

 
レフ板

白いレフ板で反射させたときの写真。果物が明るく照らされているのがわかる写りに。

 
 
レフ板

アルミテープを貼った銀色のレフ板を使って撮った写真。白のレフ板を使ったときより反射の光が明るい。これだけの差が生じる。

 
 
いかがでしょうか。レフ板を使うことで、被写体のライティングをよりコントラストのつけたものにすることができます。

人物のポートレートでも同じようにレフ板を使用できます。そのときは、レフ板は被写体の大きさに合わせた大きいもの用意して使用するようにしましょう。

ブログ用にアップするグッズやお料理の写真などもさらにメリハリの効いた写真を撮ることができると思います。ぜひいろんなパターンで応用してみてください。


写真・テキスト 瀬川陣市
Photo&Text(c) Jinichi Segawa - All Rights Reserved.
記事・画像の無断使用・転載は禁止します。
 

 

■関連記事
■関連リンク集

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。