写真撮影のときに「レフ板を使う」という言葉を聞いたことがありますか。なんだか難しいテクニックそうだなぁ~、と感じていたら、それは誤解です。簡単に使えるレフ板を使えば、とってもメリハリの効いた写真を手軽に撮ることができるのです。

しかも、100円ショップグッズを使って、手軽に作れる方法もご紹介しましょう!
 
<目次>
  • レフ板は被写体に光を効果的に集める為のものです
  • メリハリの効いた写真を撮ることができる優れもの
  • 用意するものは、ホワイトボード
  • 半分に切り込みを入れます
  • 二つに折ります
  • レフ板は、光を反射させるように置きましょう
  • レフ板を使って撮った比較写真
  • レフ板を使うことで、より立体的に
  • もう一段反射率の高いレフ板を作りましょう
  • 反射率の違いによって明るさが変わります
 

レフ板は被写体に光を効果的に集める為のものです


そもそもレフ板(れふばん)、ってどんなものなのかの説明を簡単にしましょう。

写真を撮るときに被写体に効果的に光を当てたいときや影になっている部分を明るくしたいときに光を反射させて被写体を照らし影を明るくさせたい。その時に、反射させるために使うものがレフ板です。

まずは、簡単に図解した写真をご覧ください。
 
レフ板解説図
レフ板の基本的な解説図。光源から入ってきた光をレフ板に反射させ、被写体を照らします。影になっている部分などを明るくするのに利用します。

光源から光がレフ板に当たります。レフ板に当たった光は、反射してその光が被写体を照らします。たったこれだけの作用ですが、写真の写り具合には大きく影響します。被写体全体を明るくしたいときには、欠かせない撮影道具です。

光を反射させるには、白い色や銀色などが反射率が高くなりますので、白っぽいものであればなんでもレフ板として使うことが可能です。  
 

メリハリの効いた写真を撮ることができる優れもの


レフ板を使うと、被写体の影の部分を効果的に明るくすることができ、メリハリの効いた写りにすることができます。人物のポートレート撮影や商品撮影などにはよく使われるテクニックです。

今回は、小物などを撮るときに使えるレフ板を100円ショップグッズを使って、簡単に作る方法をご紹介します。


それでは、次のページから、100円ショップグッズを使い、早速レフ板を作ってみましょう!