レフ板は、光を反射させるように置きましょう


最初のページで解説しましたように、レフ板は光源の光を反射させて、被写体を照らします。ですので、光が入ってくる方面と向き合うように置いて使うといいでしょう。

基本セッティングのサンプル写真をご覧になってみてください。左にレフ板があります。この場合は、右側から太陽の光が入ってきているのでこのように置きました。使用するときは、それぞれ光の入り方を確認しながら置いてみてください。
 
レフ板基本セッティング
光源から入ってくる光を反射できる位置にレフ板を置きます。微妙な位置で反射の明るさが変わるので、いろいろ試してみましょう。

ここで作ったレフ板は、二つ折りなのでそのまま置くことができます。被写体に近づけたりして反射させる度合いを調整して、最終的にレフ板を置くポイントを決めていきます。決める際は、カメラのファインダーや液晶画面で見て明るさを確認していきます。

斜めにレフ版を傾け、被写体に最も明るく反射できる角度のときは、手で支えながらかなにかで固定するなどの工夫をして使ってみてください。

このレフ板で反射させた場合とさせない場合の効果の違いはどれくらいあるのでしょうか。次のページでの比較画像をご覧ください!