Q 撮影モードはどれを選べばいいですか?

A:撮影する方法もいくつかのモードから選択してから撮影します。その撮影モードを簡単に説明します。

  • A、絞り優先モード。
絞りを自由に選べ、それに合わせて自動でシャッタースピードを設定してくれます。
  • S、シャッタースピード優先モード。
シャッタースピードを自由に選べ、絞りはカメラが自動に設定。
  • M、マニュアルモード。
絞りもシャッタースピードも自分で設定するモード。
  • P、プログラムモード
。各カメラごとに複数の撮影状況に応じたプログラムモードがあり、その場に応じて使いたいプログラムを選びます。露出はカメラにお任せしたい場合に便利なモード。

大きく分けてこの4種類あります。まったく初めての撮影なら、Pモードで撮影するのがいいでしょう。最初はPモードの中からオートプログラムに設定して撮影を始めてみましょう。慣れてきてから、場面に応じてプログラムを選択してみては。

撮影モードダイヤル
撮影モードのコマンドダイヤル。機種によっても形式などは異なります。


Q 写真がブレて写ることがよくあるのですが

A:写真がブレて写る理由は、シャッターが開いている間にカメラが動いてしまうから。シャッタースピードが遅くなるシーンのひとつは、暗い場所。もし暗いところで撮影するときは、フラッシュを使うか、三脚などを使うことをおすすめします。

暗くないところで撮っているのにブレるのなら、カメラの構え方に原因があるのかもしれません。カメラは両手でしっかりホールドし、脇を締めて構えるようにします。シャッターが切れたからといってすぐにカメラを動かさないように意識してみてもいいかもしれません。

Q 上達できる撮影方法はありますか?

A:ある程度撮影が慣れてきたら、先に紹介した撮影モードの中の、Aモードの絞り優先モードで撮影することをおすすめします。状況に応じて絞りを自分を決め、写り具合をコントロールすることで、露出の基礎が身につきます。Pモードの撮影で慣れてきたらぜひチャレンジしてみてください。

露出については、『露出なんて簡単カンタン!?』『露出はこれでマスター!』の記事も参考にしてみてください。


次のページで画素数はどれを選べばいい?の疑問についてお答えしましょう!