粘土でアニメ製作中
自分の作った粘土が画像のなかで動きだす、クレイアニメは意外に簡単に作れます。

粘土がグニョグニョ動くアニメーション、テレビなどで見たことあるのでは?そう、あれがクレイアニメーション。実はこれデジカメで撮って意外に簡単に作ることが出来るのです。粘土を少しずつ動かしながらデジカメで撮影して、その写真をソフトでつなげるだけで動くアニメの完成!

親子いっしょに作るととても楽しいイベントに、また大人の方がひとつのアートの表現方法としてトライしてみてもおもしろいことでしょう。自分の作った粘土が動くのを見たときは感動すること間違いなし!?

アニメーション作家のこぐまあつこさんに監修していただき、瀬川が一日入門してきました。こぐまあつこさんのプロフィールなどについては後ほどご紹介します。

それではみんな粘土を持って集まれ~。

準備するのもまた楽し?

準備するもの
クレイアニメーションを制作するのに必要なもの。準備をしているときもまた楽しいですね
まずはクレイアニメーションを制作するにあたり、準備するものをご紹介しましょう。

  • デジタルカメラ (一眼レフ、コンパクトどちらでもOK)
  • 三脚
  • アクリル板 (透明のもの、大きさは30×20cm位は最低限必要)
  • 紙コップ (アクリル板の土台として使います)
  • 粘土 (Claytoon という粘土を推奨)
  • 画用紙 (背景に使うもの、色などは自由に)
  • クレヨンまたはカラーペンなど (背景の絵を描くのに)
  • 両面テープ
  • ガムテープ
  • ウェットティッシュ (粘土の色が混ざらないよう指についた他色を拭くのに)
  • 粘土ヘラ
  • パソコン
  • Windows ムービーメーカー (WindowsXPなどに付属でついているソフト)

以上が最低限必要なものです。粘土は少しずつ動かしていくので、途中で乾いてしまうものだとボロボロと崩れてくることがあるので注意が必要とのこと。

あれこれ作ることを考えながら用意するのも楽しいですね。ゆっくりと忘れ物がないように準備しましょう。

セッティングの要は「動かないようにすること」

セッティング
アクリル板や紙コップなどが床から動くことないようしっかり貼り付けましょう。軽い三脚ならテープで固定しておくといいでしょう。
まず最初は撮影舞台ともなる場所のセッティングです。ここは舞台作りの基礎的な部分なのでしっかり組み立てましょう。

まずセッティングで大事なことは動かないようにするということ。ひとコマずつ撮影していくので、三脚やアクリル板などが途中で動いてしまうと絵がずれていってしまいます。ここはとても重要。

場所ですが、直接ガムテープなどを貼っても大丈夫なところを選びましょう。ガムテープの粘着力のことを考えるとカーペットやじゅうたんの上などはあまり適さないかも。フローリングのような場所だと最適です。

そして、天井のライトの位置にも注意が必要です。ライトの真下ですとアクリル板に反射して写りこむので、天井のライトが写りこまない場所を探してみてください。

場所が決まればそこに紙コップを逆さにして四隅に立て、その上にアクリル板を乗せます。紙コップの部分は写真には写さないので、あまり大きくないアクリル板に紙コップの場所が占めてしまうと粘土を動かす部分が狭くなってしまいます。その点を考えながらアクリル板と紙コップで土台を作ってください。

形ができたら、紙コップをガムテープで動かないように床に固定します。そして次に紙コップとアクリル板を固定するために両面テープで紙コップの裏側とアクリル板を貼ります。

三脚を立ててカメラで画面を覗いてみよう

次に出来上がったアクリル板の土台の真上に三脚を立てます。三脚にカメラを設置し、アクリル板と平行になるように設定します。そして、ズームを使いアクリル板を写してみます。この時、足となっている紙コップは画面に入れないようにしましょう。ここで写っている部分が「舞台」となりますのでこの設定はとても大事なところ。

アクリル板の下の床に画用紙などを置いてカメラに写っている部分の四隅をマーキングします。このマーキングした部分が写る部分なのでこの範囲に背景などを後から描きます。

この後、設置したカメラで撮影をしていくわけですが、注意することがあります。それはコンパクトカメラなどは節電モードなどが設置されていて、しばらくカメラを動かさないと自動的に電源がオフになる機種が最近は多くあります。実はこれがクレイアニメを撮るときにはとても障害になります。

せっかくアクリル板の写す部分を設定したのに、カメラがまた元に戻ってしまっては、安定して同じ画像を撮り続けられなくなるからです。もしこの節電モードを切ることができるなら、先にそのように設定しましょう。

最後はソフトに取り込んでアニメーションとして見るのであまり大きな画像サイズで撮る必要はありません。大きすぎるとソフトがスムースに動かなくなるのでご注意を。

次のページではストーリーを作り、キャラ作りへと制作の佳境へ!