アートクレイシルバーを始める際は、東急ハンズやユザワヤ、JOYFUL-2などの手芸クラフト用品を扱う店舗、または通信販売でキットをご購入いただくと便利です。店舗によっては、「銀粘土」という名称で販売されています。

アートクレイシルバースターターセット

今回は、アートクレイシルバースターターセットのご紹介をいたします。制作に必要な材料や道具がセットになっていますので、どなたでも直ぐにご家庭でアートクレイシルバーをはじめることができるキットです。

アートクレイシルバー

アートクレイシルバースターターセット



このキットに入っているアートクレイシルバーは10g。リング約1本分の材料になります。

幅や厚みのあるリングを作りたい場合は、予め銀粘土を追加しておくことをお奨めします。画像中央上の網目状の物は、まさしく網。ステンレス製で、これをガスコンロのゴトクの上に乗せ、その上に乾燥させたアートクレイシルバーを置いて焼成します。

DVDも入っていますので、まずはこれを見ていただくと制作工程のイメージが掴めると思います。

アートクレイシルバー

スターターキットのセット内容



それでは、このキットで制作するリングの工程を見ていきます。
※実際に制作する際は、キットに付属の説明書を必ずお読みください。


スターターキットで作るシルバーリング

【1】指のサイズを確認
アートクレイシルバーリング

リングのサイズを測ります

リングサイズスケールを使い、指のサイズを測ります。

 

【2】仕上がりサイズを決める
アートクレイシルバーリング

仕上がりサイズを決める

測ったサイズよりも4号大きいサイズの穴に木芯棒を入れ、鉛筆で印をつけます。

 

【3】付箋を巻きつける
アートクレイシルバーリング

付箋は印を中心にして貼る

つけた印の上に付箋紙を巻きつけます。

※アートクレイシルバー(以下銀粘土)は焼成すると縮むため、リングの場合は完成サイズより3~5号大きく作ることがポイントです。

 

【4】銀粘土をのばす
アートクレイシルバーリング

仕上がりの太さもイメージして

銀粘土を細い棒状にのばします。付箋紙に貼りつきやすくするため、表面全体に水をなじませます。

 

【5】巻きつける
アートクレイシルバーリング

軽く押さえつけながら

付箋紙の中央に銀粘土を巻きつけます。

 

【6】デザインを作る
アートクレイシルバーリング

デザインを施します

銀粘土に水を含ませながら希望のデザインに形作ります。大まかな形ができあがったらドライヤーの温風を当て、完全に乾燥させます。

 

【7】形を整える
アートクレイシルバーリング

乾燥したら形を整える

乾燥後は石膏のような硬さになり、削って形を出していくことができます。金属の棒ヤスリで表面を削り、形を整えます。また、ここで銀粘土を付け足すこともできます。

 

【8】滑らかに整える
アートクレイシルバーリング

力を入れ過ぎないように

さらに、スポンジ研磨材で表面を滑らかに整えます。

 

【9】焼く準備
アートクレイシルバーリング

いよいよ焼き始めます

ガスコンロのゴトクの上にキットに付属の金網を乗せ、作品をセットします。

 

【10】焼成
アートクレイシルバーリング

焼き時間は火力により変わります

強火で5~10分間焼きます。最初炎が出ますが、直ぐに収まります。

※焼成中や焼成後は火傷に十分に注意し、また、火をつけたままガスコンロから離れないでください。焼成中は換気扇を回してください。



【ワンポイントアドバイス!】
2.9kw~5.35kwの家庭用ガスコンロで焼成可能です。なお、内炎式のガスコンロでは作品が熔ける場合がありますので、焼成しないでください。

【11】冷ます
アートクレイシルバーリング

火からおろしたら時間をあけます

焼成後は火を止め、20分間位放置してから作品をピンセットでつかみ、水に浸けて完全に冷まします。

 

【12】焼成できました
アートクレイシルバーリング

焼成後は真っ白。これが純銀の証です。

この位(長さで約1割)縮んでいれば、十分に焼成できています。

 

【13】仕上げます
アートクレイシルバーリング

ステンレスブラシで磨く

ここからは仕上げの工程になります。シルバーは仕上げの方法により様々な表情を見せてくれます。まずはステンレスブラシで全体を磨きます。

 

【14】光沢を出す
アートクレイシルバーリング

スポンジ研磨材で磨く

さらに、スポンジ研磨材でシャープな光沢を出します。

 

【15】仕上げの磨き
アートクレイシルバーリング

シルバー用の布で研磨します

鏡面にしたい所は、シルバーポリッシュクロスで研磨します。

 

【16】完成
アートクレイシルバーリング

デザインも仕上がりもオリジナルの一品

完成です!

美しい輝きを放つ、世界でたった一つのシルバーリング。作業時間は約3時間です。






アートクレイシルバーリング

銀粘土は色々な形に成形できます

最初は粘土の扱いに慣れることが一番大事だと思います。粘土の扱いとは表面に含ませる水加減。乾いたまま造形すればひびが入ってぼそぼそになるし、水をつけすぎたままではべたべたしてこれも造形しづらいです。




しかし粘土の扱いに慣れてしまえば、少し難しそうに見えるデザインでも短時間で制作できるようになります。まずは単純なデザインからチャレンジし、レベルアップしていくと良いと思います。

【関連情報】
■アートクレイシルバーの通販はこちら
アートクレイ通販CLUB(楽天) http://www.rakuten.ne.jp/gold/artclay/

■銀粘土についてもっと知りたい方はこちらから
銀粘土アートクレイシルバー公式サイト http://www.artclay.co.jp/

■アートクレイを学びたい方は
アートクレイ倶楽部 http://www.artclayclub.com/




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。