アートクレイシルバーとは

アートクレイシルバーは、粘土状の純銀素材。純銀の微粉末に水とバインダー(結合材)を混ぜ合わせ、柔らかい粘土状にしています。

シルバーならではの重さはありますが、触った感じはまさに粘土。子供の頃から親しんでいる「粘土」の感覚でシルバーアクセサリーを作ることができます。

では、このアートクレイシルバーが、粘土から純度99.9%以上の純銀作品になるまでの工程を、簡単にご説明いたします。


シルバーアクセサリーの作り方

【1】造形
アートクレイシルバーリング

リングの形を作ります

アートクレイシルバー(以下銀粘土)で、自由に形を作ります。水性の粘土なので、粘土が乾かないように、少しずつ水を付けながら作業するのがポイントです。ここではリングを作るために、木の棒の周りに、細くのばした銀粘土を巻き付けています。

 
【2】乾燥(修正)
アートクレイシルバーリング

乾燥後、表面を整えます

造形が終わったら、ドライヤーなどで乾燥させます。乾燥させると石膏のように固くなるため、ヤスリやカッターなどで表面を削ることができます。ここでは棒ヤスリを使って、表面を滑らかにしています。

 
※ちなみに、造形時に出る粘土くずや削り粉は、水を加えれば再利用できるので、無駄がありません。

【3】焼成

アートクレイシルバーリング

焼いていきます

電気炉に入れて焼成します。設定温度は800℃、保持時間は5分間です。また、電気炉以外に、ご家庭のガスコンロでも焼成することができます。

 
【4】仕上げ
アートクレイシルバーリング

磨いて光沢を出していきます

電気炉から出した作品は、水分が蒸発し、バインダー(結合材)が燃え、残った銀の微粉末同士がくっつきあって純度99.9%以上の純銀になっています。まだ、輝きはないので(銀は本来白色の金属)、作品が冷めてから、ステンレスブラシなどで磨き、光沢を出して完成となります。

 
基本的には以上の4ステップで、粘土から純度99.9%以上の純銀作品が完成します。


アートクレイシルバーリング

粘土感覚で自由なデザインのリングが作れます




アートクレイの誕生秘話

最後にもう一つ。

写真やレントゲンフィルムの黒い部分、現像液の中には銀が含まれています。これら使用済みのフィルムや廃液、使われなくなったアクセサリーを回収し、リサイクルして精製された銀からアートクレイシルバーは製造されています。

環境保全と限られた資源を有効利用する取り組みにより、アートクレイシルバーは誕生しました。

アートクレイシルバー

資源を有効利用した取り組みから生まれています




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。