「サマーリース・癒しのパープル」の作り方

花材を切る
【手順1】
全ての花材を約10cmにカットしたものを、2.3本で一束にする。
ワイヤー#22を10本一つにし、フローラルテープで巻きとめる。これを二つ作り、重なりをつけながら、ジョイントする。
これに、先程のミニ花束をリースワイヤーで巻きとめながらガーランドを作る。



輪にする
【手順2】
ガーランドにしたステックを曲げて輪にする。そのとき一気に曲げるのではなく、少しずつ曲げて、お花を整えてリースにする。
リースを裏返し、ワイヤーでジョイントし、形を整える。



装飾する
【手順3】
デザイナーズワイヤーを少しずつ伸ばしながらリースに巻きつけていく。巻きつけるとき、リースの形も整えながら巻きつけると良い。
一周したら、今度は反対周りでクロスになるように巻いていく。



完成!
【手順4】
シーマナイリボンをつけ、吊下げ用フックをつけて完成。



今回のアレンジメントのポイント

リボンで変わる
エレガント

今回のポイントは、「フレッシュからドライに変わるリース」です。そのままドライになる花材を選んでリースを作ります。スターチスや千日紅などは手に入りやすく、たくさん使えるのでお勧めです。

また、色もポイントですね。癒しカラーのパープルカラーはリビングはもちろん、寝室やトイレにもお勧めですよ。ドライになってからアロマオイルやポプリオイルで香りをつけて楽しむ事も出来ます。

そして丸い形・リースは永遠を表している形です。家族が仲良く過ごせるようにと気持ちを込めて制作しても良いでしょう。リースはリボン使いでもイメージが変わりますので、色々と試してみてくださいね。

■関連サイト
  • フラワーアレンジに役立つ!花の小事典vol.19 【8月の花】ルドベキア

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。