ハッピーバレンタイン!

 2月14日といえば、バレンタイン。女の子から男の子へ告白できる日として街中にぎやかになりますね。可愛いハートがいっぱい出回りますが、ハート好きの私としては、女の子のお祭り感覚で、なぜだか楽しくなってしまうのですが、皆さんはいかがですか?
 お花のアレンジも御多望にもれず(?)ハートの形が多いのです。でも、どうなんでしょうか?世の男性方は、御花をプレゼントしてもらって、はたして嬉しいのかしら?そんな事を思うのは私だけ?っと思いながら、やっぱりハートのアレンジをしてしまうのです。という事で、自分へのご褒美としてアレンジを楽しみましょう!

 まず、今回の花材は、ハート形をとりやすいこでまり、可憐なスイートビー、そしてメインはやっぱりバラ。花器は、ナチュラルなバスケット。

1.花器にセロファンを敷き、オアシスを片方に寄せてセットします。
















2.こでまりを左右から挿して、ハートの形を整えます。枝のカーブをうまく利用してハートに形作るのですが、上手くカーブしていなければ、ワイヤーを枝に絡めて矯正するとバランスの良いハートが出来ます。


3.足元にフォーカルポイントのバラを挿し、残りのバラをバランスを見ながら挿していきます。スイートピーを足元を隠すように短く挿し、バラの葉の綺麗なところやこでまりの残りなどでオアシス隠しをします。


















4.プレゼントやチョコなど、片側の開いているところにセットすれば完成です。


 どうですか?なかなか可愛いでしょ?今、お花屋さんではスイートビーがたくさん出回っていますので、好きなカラーを選びましょう。特にお勧めカラーは、パープル。なぜかというと、とってもいい香りがするのです。お部屋中、春の香りでいっぱいに・・・

 お花は自分にプレゼント、チョコは彼に・・・そんなバレンタインもいいかもよ。素敵なあなたに幸運の女神が訪れますように・・・



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。