フラワーアレンジに役立つ!花の大事典シリーズVol.23です。今回は、クリスマスに欠かせないグリーン「ヒイラギ」です。トゲトゲが印象的で忘れられない不思議な葉っぱです。

**ヒイラギの花言葉は「歓迎」!**



トゲトゲだけど憎めない葉っぱヒイラギ
学名Osmanthus heterophyllus
分類モクセイ科 モクセイ属
原産地日本、台湾
別名柊/オニメツキ/オニノメツキ
開花時期10~12月
花言葉先見、用心、歓迎、機智、先見の明

**トゲトゲが印象的な葉っぱ「ヒイラギ」**



ヒイラギは漢字で書くと「柊」と書き、冬の木だとわかりますね。特徴は何と言ってもあのギザギザの葉っぱ。鋭い棘のような葉は、少しあたっただけでも痛いと飛び上がるほどです。このひりひりと痛むことを「ひいらぐ」と言い、この意味から「ヒイラギ」の名前がついたということです。そのギザギザも若い時だけで、だんだんとトゲがなくなるそうですが、大きく育つための知恵なのでしょうか。年をとって丸くなるなんて、なんとなく人の生き方にもにているような気がしますね。そんな親密感の持てるヒイラギですが、とても香りの良い白い小花を咲かせます。

さて、クリスマスといえば「ヒイラギ」の絵が描かれたクリスマスカードやオーナメント類を良く目にすることがありますね。ギザギザの対生の葉に赤い実がついています。ですが、これは正規の「ヒイラギ」の姿ではないのをご存知ですか?ヒイラギは合弁科類で葉は対生、でも実は黒紫色です。では赤い実は何なの?っということになりますよね。実はこの赤い実は、「セヨウヒイラギ」の実なのです。通称「クリスマスホーリー」といわれているもので、葉は互生ということです。この二つの特徴をあわせたものがクリスマスのヒイラギとして表現されていることが面白いと思いました。やっぱりクリスマスカラーは「赤」×「緑」が定番カラーだからでしょうか。

今年は大きなツリーではなく、ヒイラギの苗木に赤い実のオーナメントを飾ったミニツリーはいかがですか?プレゼントされても喜ばれそうですよ。

**ヒイラギ参考サイト**


  • 柊(ヒイラギ) [from 季節の花 300-]
  • ヒイラギ [from 神戸・六甲山系の森林-]
  • ヒイラギ [from大阪百樹-]
  • ヒイラギ [from植物生態研究室(波田研)のホームページ-]
  • 花木 庭木の苗:ヒイラギ ホーリー [from株式会社アーキネット-]
  • ヒイラギ(柊) [from Flower&Green GARDEN さかもと-]



  • 【新サービス事前登録のご案内】
    オールアバウトは「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。
    そこで、「誰かの経験談を聞いてみたい方」と「自分の経験談をシェアしたい方」とを募集しています。

    誰かの経験談を聞いてみたい方はこちら
    現在「夫の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築できた」「シングルマザーとして自立できた」「熟年離婚をして幸せ」という経験談が多く集まっています。

    自分の経験談をシェアしたい方はこちら
    現在「有利な条件で離婚できた」「離婚後、シングルマザーとしてしっかり生活できている」といった経験談を聞きたいという方が集まっています。

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。