☆☆プリザーブドフラワーの世界展☆☆

去る9月3日(水)~8日(月)まで新宿高島屋にて「プリザープドフラワーの世界展」が開催されました。夏休み明けでしたが、初日からたくさんの来場者があったようです。一般から公募されたコンテストの作品の審査員に假屋崎省吾さんや藤野真紀子さんが来場されるとあって、次から次へと人の波、波・・・。改めてプリザーブドフラワーの人気を感じることが出来ましたが、会場での撮影は禁止されており、今回その様子を画像でご紹介できない事が残念です。

さて、今回のテーマは「ウエディング」。ウエディングにまつわるいろんなシーンをプリザーブドフラワーで表現するという課題でしたが、ブースは大きく4つに分かれていました。一つは、26名のフラワーアーティスト達の華麗な展示ブース、プリザーブドフラワーをふんだんに使用した個性あふれる作品が展示されていました。どのブースも素敵でほんとお見せできないのが残念です。例えば、真っ赤なバラの花びらをじゅうたんの様に敷きつめてあったり、モスでつくった象などと一緒にアジアンチックに表現してあったりして、どれも作風が違っており、プリザーブドフラワーの特徴を良くあらわしている作品が多く見受けられました。

また、作品コンテストのブースもたくさんの方が訪れ、一つ一つ丁寧に見ていました。ウエディングといえば、ブーケと思い浮かべてしまいがちですが、ブーケ以外の作風も多く、いろんなアイデアが詰まっていたと思います。審査員と一般来場者の投票により入賞者を決めるという事です。

さらに進んでいくと即売ブースが並んでいて、各協会やスクールなどが教室やショップの案内も兼ねてたくさんの作品を紹介していました。どのブースもスクールの特徴を良くあらわした作品であり、同じプリザーブドフラワーでも違って見えたのはすばらしいと思いました。

とにかくたくさんの来場者が訪れていて、若い方からお年を召した方まで皆さん満足された様子でした。特に最近では、セレブなお花として人気が高まっているようで、まだまだプリザーブドフラワーの人気は上昇中です。
次は、2003年10月8日水曜日~13日祝日・月曜日まで、福岡天神・大丸 西館 8階 特別会場にて開催されます。来年は関西にやってくるとのこと・・・これからの発展に期待したいですね。

関連サイト
プリザーブドフラワーの世界展




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。