~楽しいひな祭り!~

3月3日はお雛様。女の子のお祭りだという事で、華やかにお祝いするご家庭が多いと思いますが、あなたのご家庭ではいかがですか?女の子のいないご家庭でも、お花のお雛様を飾ってお祝いしましょう。お花があるだけでとっても華やぎますよ。一度に春が訪れたような明るさになるから不思議ですね。

そんなどこでも華やかに、心を和ませてくれる可愛いお雛さまのアレンジを提案します。玄関に、床の間に、テーブルにと可愛いお雛様を飾ってくださいね。

まず、今回は、花器に渋めの陶器を見つけましたので、そちらにアレンジしました。皆さんは、ご家庭にある花器に和紙などを巻いてもいい感じが出ると思いますよ。花材ですが、桃の節句なので、まずは桃の花、春を感じるチューリップ、鮮やかな黄色の菜の花、やわらかい花びらが可憐なラナンキュラス、そして甘い香りが魅力のストック。グリーンには若草色の玉しだを使いました。

1.花器にセロファンを敷き、オアシスをセットします。花器が変形していたのでオアシス隠しにシサル麻を使っています。


2.玉しだを楕円形を意識しながら挿していきます。次に桃の枝花をよく見ながらラセンを描くようにのびのびと挿していきます。


3.メインになる雛花は、チューリップ。和紙の千代紙を半分にカットし、2種類重ねてチューリップに着せます。合せのところは両面テープを利用すると便利ですよ。仲良く並べても、高低をつけても良いでしょう。


4.ラナンキュラスをつぼみと咲いている花とに分け、つぼみは桃と桃の間に挿していき、花は前の方、チューリップの足元を隠すようにアレンジします。菜の花、ストックはバランスを見ながら空いているところにアレンジしましょう。あとはバランスを見ながら残りのお花を入れていけば完成です。


出来ましたか?今回のポイントは、チューリップの位置と桃の花をのびのびと挿す事。華やかさとかわいらしさがミックスしたお雛様アレンジの出来上がりです。もっと小さい花器であれば、菜の花畑に和紙の着物を着せたチューリップを2本と、桃の枝花を扇のように入れても可愛いと思いますよ。春のカラーで、ぜひ、いろいろと楽しんでくださいね。では、素敵なひな祭りになりますように・・・

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。